« 明神峠の忘れ去られた坑道跡 | トップページ | わが家にニャンコがやって来た »

わが家にニャンコがやって来る

Ani_neko15 Ani_neko15
今夜、わが家に天使がやって来る。
待望のニャンコ。
しかも2匹!
まだ1か月ちょっとのちびネコ。
先輩のピーちゃんは天国に逝ってしまったけれど、やっとその後輩が決まったことになる。

先日ノラ猫の保護や里親捜しをしている浦和キャッツという所の里親会に出掛け、引き受けることを決めたもの。
そろって捨てられていたのを保護されたということだが、実に良く似てる。

Kf_01s当初は一匹だけ引き取るつもりで出掛けたのだけれど、ケージにまだ小さな兄弟が不安そうにくっついているのを見たら離れ離れにするのが忍びなく、結局2匹共に引き取ることになっちゃった。
その後検診その他を済ませ、今夜やって来る予定。
それにしても献身的なこうした篤志家の活動には頭が下がる。

共に男の子。
名前は幸福になれるよう、『幸助』&『福助』と名付けた。
これからここにも度々登場すると思うので、よろしくネ!

(写真はまだ先方でのもの。
診察室で不安そうな表情をしている)

|

« 明神峠の忘れ去られた坑道跡 | トップページ | わが家にニャンコがやって来た »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

あ♪ よかったですね♪ イケメンならぬイケニャンズですね。もしかして、引受人さんのお名前も改名されて披露されるのでしょうか。でも、ピーちゃんの引受人さんれられたことは未来永劫かわりませんし。
なんだか、20世紀が変わるときの梨の名前考に通じるところちらっとありです。自分の心の中では。

投稿: ぴょん | 2011.10.05 10:10

ぴょんさん

梨の名前って、「幸水」&「豊水」とか?
そんなこと、言いっこナシ。

ちなみに僕の名前は変わりません。
やっぱり「ピーちゃんの身元引受人」のままであります。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2011.10.05 10:29

おはようございます

うちのが昨日たなぼたさんのサイトを先に見て、「ねえねえ、たなぼたさんとこに子猫が2匹来るらしいよ」と教えてくれました(*^^)v

可愛いですねえ。さすがに兄弟、見分けが付かないくらいよく似ていて。

<<当初は一匹だけ引き取るつもりで出掛けたのだけれど、ケージにまだ小さな兄弟が不安そうにくっついているのを見たら離れ離れにするのが忍びなく、結局2匹共に引き取ることになっちゃった。

たなぼたさんらしいですね。読んでて涙が出ました。

先日、うちの引越し前のマンションに用があって出かけたら、二代目のミューと子猫(5匹のうちの2匹)がマンションの前にいて、ミューが不思議そうな顔して私を見るんですよ。「たしか、あの人の家の人が餌と水をくれてたハズなんだけど、どうして今は出てないんだろ・・・」って言われてるようで。

雨の日は、マンションの3階の物置スペースで雨宿りしているのですが、昨日は一日中子猫たちと一緒に来てたと思います。今までなら餌も水もありましたが、昨日は心細かったことでしょう。かと言って、近付けば逃げてしまうので保護のしようがありませんし、3階の住人に餌やリをお願いするワケにもいきません。「もうあそこに行っても餌も水もない」と解かってもらうしかありません。出来ることならミューだけでも新居に連れてきたかったのですが・・・。

幸い、5日ぶりに見た姿は元気そうでしたから、ご近所の誰かが餌と水を与えてくれているんだと思いますが、雨降りの日だけは心配です。最後まで世話してあげられないことになって悔いが残ります。悲しいですね。

たなぼたさん、どうか猫ちゃんたちより長生きしてくださいね。

投稿: poohpapa | 2011.10.06 06:29

poohpapa さん
おはようございます。

ありがとうございます。
poohpapa さんのコメント読んでて、涙が出ました。
どこって?
ここ

>たなぼたさん、どうか猫ちゃんたちより長生きしてくださいね。

「自分もとうとうそんなこと言われる年になったのか」、という衝撃でありました。
(>_<)
大丈夫。
いみじくも息子が言ってくれましたから。
「孫の顔は見せられないけど、ネコの面倒は最後まで自分がみるよ」と。
はいはい、安心して死ねるわい。
心中しよっと。

あ、相手がおらん。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2011.10.06 07:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/52913085

この記事へのトラックバック一覧です: わが家にニャンコがやって来る:

« 明神峠の忘れ去られた坑道跡 | トップページ | わが家にニャンコがやって来た »