« はかなく消えた善光寺白馬電鉄の遺構 | トップページ | 赤いべべ着たお地蔵さん »

牛にひかれて『布引観音』さん

布引観音(釈尊寺)は、小諸にある天台宗の名刹だ。
行基が創建というその観音堂は、険しい断崖絶壁の中腹にある。

Nunobiki_01
実は「牛にひかれて善光寺」伝説の舞台となった所。

Nunobiki_05登る途中には善光寺まで通じるという穴もあって、実際善光寺が火災にあった時にはそこから煙が出たとも伝えられている。
また「牛岩」と名付けられた大岩もあったが、どう見ても牛には見えなかったので撮らなかった (>_<)

なお、牛に化身して、強欲な婆さまを善光寺に連れていき改悛させたという布引観音様が最上部のお堂には祀られている。


Nunobiki_02
下からここまで来るのでさえ、厳しい道を20分ほども登らされるのだが、上がってきてもこんな感じ。
さらにこの洞窟のような所をくぐり抜けていくと……


Nunobiki_03
着いた。
まるであのブランド薬師のようなシチュエーションだ。
お堂の中にある観音堂宮殿は国の重要文化財に指定されている。

そしてここもお堂の下を覗くと……
あの、支える柱がだいぶ傷んできているようなんですけどぅ。
(マウスを置くと画像が切り替わります)

こんな険しい所を苦労して登ってきたのに、上に着いたら駐車場があった。
なんだよ、ちゃんと道があったんじゃないか。

立体岩屋の岩谷堂はこちら
千曲・大雲寺はこちら。・
酒々井・円福院はこちら
富津・薬王寺はこちら
平塚・乗蓮寺はこちら
都留・田原神社はこちら

|

« はかなく消えた善光寺白馬電鉄の遺構 | トップページ | 赤いべべ着たお地蔵さん »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/53020038

この記事へのトラックバック一覧です: 牛にひかれて『布引観音』さん:

« はかなく消えた善光寺白馬電鉄の遺構 | トップページ | 赤いべべ着たお地蔵さん »