« 住宅地に残る戦闘機燃料庫 | トップページ | キングスクロス駅のレンガ積み »

畑に残る戦闘機燃料庫

--住宅地に残る戦闘機燃料庫から続く--

花野井の燃料庫跡からクルマで数分の所に来た。

Shuusui_11
新興住宅の端にある階段を上ると、上には一面の畑。
ネギがおいしそう。
いや、そのさらに向こう。
なんか妙な物体が見えないか。

Shuusui_12
ほ~ら
右はハクサイなのに左はキャベツだ。
じゃなくて、まるで砲門が並んでいるようなこの奇妙な光景。
いったい、これは何?

Shuusui_13
実はこの地下にも燃料庫があり、これはそのガス抜きの管だった。
Shuusui_00
『秋水』はロケット戦闘機だったので、従来の燃料以外に劇薬の酸化剤が使われたという。
そこで安全確保のため換気口を供えた燃料庫が必要とされたんだね。
しかし畑とのコントラストがなんとも異様。

それにしても畑では邪魔だろうにこんなのが戦後60年以上を経てまだ撤去されずにあるなんて。
地中ではよほど頑丈に据えられているんだろう、見てみたいものだ。
試しに管の中を覗いたら、モグラと眼が合った。


【戦争遺構】
富津岬・軍事施設跡はこちら
茂原の掩体壕はこちら
州ノ崎の試射場跡はこちら
府中の米軍通信基地跡はこちら
丹沢に墜落した戦闘機のエンジンはこちら
三芳村の桜花カタパルト跡はこちら
大月の監聴音壕はこちら
サイパン帰りの戦車はこちら
焼夷弾と戦った墓石はこちら
野島公園の掩体壕はこちら
横須賀の砲台山はこちら
砲弾を抱えた狛犬の神社はこちら
かもめ団地の試射場はこちら
・剣崎の探照灯庫跡はこちら
・剣崎の砲台跡はこちら
・披露山の砲台跡はこちら
・三浦半島・諸磯崎洞窟陣地はこちら
・追浜の海軍格納庫はこちら
・二川のトーチカ跡はこちら
・渥美半島福江観測所跡はこちら
・渥美半島陸軍気象観測塔跡はこちら
・習志野の支那囲壁砲台はこちら

|

« 住宅地に残る戦闘機燃料庫 | トップページ | キングスクロス駅のレンガ積み »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

遺構」カテゴリの記事

コメント

「丸」にも書かれていないような、レアーな遺構ですね。
千葉は本土決戦の主要地と大本営では考えていたのかな???
確かに「サイパン」「ガム」のB29は東京湾を目指して飛んできたので納得です。

投稿: chiponeko | 2011.11.29 14:41

chiponeko さん
ここ、畑には珍しく崖の上のようになっているんです。
だからその下に燃料庫を作ったんでしょうね。
それにしても、野菜の間にこんなのが顔を出しているのは不気味です。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2011.11.29 15:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/53360644

この記事へのトラックバック一覧です: 畑に残る戦闘機燃料庫:

« 住宅地に残る戦闘機燃料庫 | トップページ | キングスクロス駅のレンガ積み »