« 追原廃村の大カエデ(君津) | トップページ | え 洋服なの?、ブータン国王夫妻 »

天津小湊の廃神社と狛犬

千葉の天津小湊から山道を登った途中の、とある神社。
かなりさびれているようだ。
それでも入口には立派な狛犬が左右に並んでいる。

Ooyama_01 Ooyama_02
ちょっと前髪が伸び過ぎている感じはするけれど、強そう。
ちゃんと阿吽になっているしね。
(右が口を開いた「阿」、左が閉じた「吽」)

え 狛犬よりも、背後の様子が凄いことになっているって?
なんだ、そっちか。

Ooyama_03
まあ、確かに。
この神社、正式名を『大山祗大神』(おおやまつみおおかみ)という。
古来、戦いの神つまり武運長久を祈るものなんだそうだ。
だから狛犬も強そうなのかな。

Ooyama_04
しかし狛犬はともかく、ほんとに拝殿はボロボロ。
柱は斜めだし、壁は崩れて外が丸見え。
やけに明るいと思ったら、屋根まで抜けているしね。

Ooyama_05
それでも奥の本殿には灯明はあるし、お供えだってきちんと添えられている。
「明かり取りの天窓」も。
何より、神社で一番大切なお賽銭箱は健在である。
見ると榊(さかき)や紙垂(しで)など、まだ新しい。
こんな状態の神社でもちゃんと参拝者があるというのは驚きだ。

Ooyama_06
横を見れば、押し入れには神具ならぬ寝具も用意してあるし。
ど~お
神のご加護の元、一泊してみませんか。
ただ、雨が降ったら悲惨なことになると思うけど (>_<)

【追記】3年後の訪問記事はこちら

現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

【狛犬リスト】
・須坂「阿阿の狛犬」はこちら
・横浜「砲弾を抱えた狛犬」はこちら
・南知多「おかっぱ頭の狛犬」はこちら

|

« 追原廃村の大カエデ(君津) | トップページ | え 洋服なの?、ブータン国王夫妻 »

旅行・地域」カテゴリの記事

遺構」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

この辺りはゴルフ会員権の仕事でよく訪れていました。

人の手がかからなくなるとこんなふうになってしまうものなんですね。誰かがいて、空気を入れ替えたり戸や窓の開け閉めするだけで建物の傷みはけっこう防げるものですもんね。

狛犬、地権者の許可が取れればうちの庭に置きたいものです。毎日、水を掛けてお掃除するんですがねえ。もっとも、運搬費が相当なものになるでしょうけど。

それにしても、よく探しますね、こういうの(^^ゞ

投稿: poohpapa | 2011.11.20 10:02

poohpapa さん
おはようございます。

ゴルフ場……
ありますねえ、千葉には。
郊外の交差点に差し掛かると、ゴルフ場の案内が右に左に幾重にも重なって標示されてますものね。
そうか、会員権でも儲けていたのか……

狛犬、神社の地権者が誰かはわかりませんが、いずれにせよ宗教法人でしょうから難しそうですね。
それともしもpoohpapa さんとこの庭に置くのであれば、角のTさんにちゃんと了解を取ってくださいね。
できれば『誓約書』が望ましい。(=^^=)

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2011.11.20 10:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/53286795

この記事へのトラックバック一覧です: 天津小湊の廃神社と狛犬:

« 追原廃村の大カエデ(君津) | トップページ | え 洋服なの?、ブータン国王夫妻 »