« カタパルト跡と柿の木と(1) | トップページ | ルールを知らないバレーボール審判員 »

カタパルト跡と柿の木と(2)

--カタパルト跡と柿の木と(1)から続く--

三芳村の畑の一角。
里山の麓にひっそりとそれはあった。

Ouka_11
このコンクリートの堤防のようなものが人間爆弾『桜花』の発射カタパルト。
敵艦隊からの艦砲射撃を避けるため内陸部に作られたんだね。
カタパルトは前方の南方向を向いていて、当時はこれら先を遮る樹々はなかったものと思われる。

またコンクリートにはレールを取り付けるための溝が規則正しく刻まれている。
(マウスを置くと画像が切り替わります)

Ouka_13
残念ながら折れて下方を向いてしまっているが、これが逆方向から撮影した最前端部。
戦時下のこととて荒いコンクリートだけど、かなりの厚みが隠れている。

Ouka_14
背後の小山には格納庫として壕が掘られ、『桜花』を収納して敵機から隠すようにしていたそうだ。
しかし結局一機も発射することもなく終戦を迎える。
その後は直ちに米軍が訪れて、壕ごと爆破していったということだ。

その壕の跡にはいまもなお飲み物などが供えられていた。
(マウスを置くと画像が切り替わります)

Ouka_16
カタパルト跡にはいつしか一本の柿の木が育ち、毎年照柿色の実をつけるようになった。
戦後60有余年……
いま柿の木は何想う。

もう一つの桜花基地はこちら

現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

【戦争遺構】
富津岬・軍事施設跡はこちら
茂原の掩体壕はこちら
州ノ崎の試射場跡はこちら
府中の米軍通信基地跡はこちら
丹沢に墜落した戦闘機のエンジンはこちら
柏の燃料庫跡はこちら
大月の監聴音壕はこちら
サイパン帰りの戦車はこちら
焼夷弾と戦った墓石はこちら
野島公園の掩体壕はこちら
横須賀の砲台山はこちら
砲弾を抱えた狛犬の神社はこちら
かもめ団地の試射場はこちら
・剣崎の探照灯庫跡はこちら
・剣崎の砲台跡はこちら
・披露山の砲台跡はこちら
・三浦半島・諸磯崎洞窟陣地はこちら
・追浜の海軍格納庫はこちら
・二川のトーチカ跡はこちら
・渥美半島福江観測所跡はこちら
・渥美半島陸軍気象観測塔跡はこちら
・習志野の支那囲壁砲台はこちら

|

« カタパルト跡と柿の木と(1) | トップページ | ルールを知らないバレーボール審判員 »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

遺構」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/53223158

この記事へのトラックバック一覧です: カタパルト跡と柿の木と(2):

« カタパルト跡と柿の木と(1) | トップページ | ルールを知らないバレーボール審判員 »