« ダルビッシュ投手、虚しい史上最高落札額 | トップページ | 横須賀の背高のっぽトンネル »

焼夷弾と戦った墓石

神奈川県の平塚は、湘南の中心に位置する町。
市の花は、今をときめくナデシコだ。
そして、かつては軍需工場が建ち並んだところでもある。

Jyourenji_01
その平塚にある「乗蓮寺」
真言宗で正式名を「花翁山・乗蓮寺」という、なかなか立派なお寺さんだ。

Jyourenji_02
これはその墓地の一角にある、田中家のお墓。
案内板こそないが、平塚市のパンフレットにも載っている有名なお墓である。
ただの普通のお墓じゃないかって?
真ん中の墓石をよく見て欲しい。
肝心の墓石が欠け落ち、焼け焦げてしまっている。

Jyourenji_03
欠けた墓石がそのままなのは、決して田中家が貧しいからではない。
これは米軍から平塚が本土空襲を受けた際、焼夷弾によって墓石が損傷してしまったものなのだ。
お墓の持ち主である田中太一郎氏は、「空襲を忘れることのできない悪夢として、墓石を大切に保存したい」と語っているという。

米軍:「墓石だからハカイシた」

千曲・大雲寺はこちら。・
長野・布引観音(釈尊寺)はこちら
酒々井・円福院はこちら
富津・薬王寺はこちら
都留・田原神社はこちら

|

« ダルビッシュ投手、虚しい史上最高落札額 | トップページ | 横須賀の背高のっぽトンネル »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/53541222

この記事へのトラックバック一覧です: 焼夷弾と戦った墓石:

« ダルビッシュ投手、虚しい史上最高落札額 | トップページ | 横須賀の背高のっぽトンネル »