« 蒼氷の『北精進ケ滝』観瀑記 | トップページ | 円野町上円井円野会館 »

諦めちゃったのか >野田総理

Y_noda野田総理の年頭記者会見で使われた「ネバーギブアップ」という言葉が話題を呼んだね。
でもビデオをみると、「ネバー、ネバー、ネバー、ネバー」と4回もネバーを繰り返した後に「ギブアップ」と付け加えている。

もちろん「ネバー」は「決して~ない」という打ち消しの言葉。
これに諦めるという意味の「ギブアップ」が付いているのだから、「ネバーギブアップ」というのは社会保障と税の一体改革への「決して諦めない」という政治姿勢を強調したかったんだろう。

でもネバーが1回なら否定だけど、2回繰り返したら否定の否定で肯定になる。
だから3回に留めておけば良かったものを4回もネバーを繰り返しちゃったから、意味がひっくり返って結局また「諦める」ことになっちゃったじゃん。

さらに報道ではこれを「イギリスのチャーチル首相のスピーチから引用」としているけれど、これまた大嘘つきだ。
チャーチル首相が出身校のハロー校で演説した内容を確かめると、彼は
Never give in, never give in, never, never, never-in nothing.
と言っていることがわかった。
「Never give in」は「決して屈服するな」だから、大意は合っているにせよね。

つまり……
野田総理は決してチャーチルの言葉を引用した訳じゃない。
自分のオリジナルの演説だったんだ。
ただ、間違えた。 (>_<)

|

« 蒼氷の『北精進ケ滝』観瀑記 | トップページ | 円野町上円井円野会館 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/53794150

この記事へのトラックバック一覧です: 諦めちゃったのか >野田総理:

« 蒼氷の『北精進ケ滝』観瀑記 | トップページ | 円野町上円井円野会館 »