« 好況JALが株式再上場だと? | トップページ | 「困難」だった、那智の滝クライミング »

天空の町へ続くエレベーター

水路の旅のために桂川沿いを走っていたら、対岸の山に奇妙なチューブのようなものが見えた。

Shiotsu_01

何だ、これは?
近づくと駅から国道20号線(甲州街道)を屋根付きの連絡橋で渡り、そこから山の上まで200mもの長い距離を大きなチューブが駆け上がっていた。
(マウスを置くと画像が切り替わります)


Shiotsu_04

下にはクルマが置けないので迂回して山の上まで上がってきた。
そこは積水ハウスが開発した『コモアしおつ』という大規模分譲地だった。
1丁目から4丁目まであり、小学校やスーパーマーケットまで完備されている。
(マウスを置くと画像が切り替わります)


Shiotsu_05

この小洒落た建物が上部のステーション。
中に展示されたジオラマでわかるように、チューブは下の四方津(しおつ)駅と上のニュータウンとを結ぶもので『コモア・ブリッジ』というのが正式名。
(マウスを置くと画像が切り替わります)
Shiotsu_09
ブリッジは直径11mの筒で、高低差100m、長さ210m。
1基のエスカレータと2基の斜行エレベーターとがガラスのドームで包まれている。
エレベーターは交互通行になるが、エスカレータのほうは時間帯による一方通行。


Shiotsu_06

よく見渡せる場所が見つからないが、これが上部ステーションの脇から覗いたチューブの傾斜。
かなりの迫力がある。
さあ、それでは乗ってみよう。
だって、無料だもの。

実際に乗ってみたよくわかる動画はこちら (長いので前半カット)
                

長野県飯田市・天空の郷はこちら

|

« 好況JALが株式再上場だと? | トップページ | 「困難」だった、那智の滝クライミング »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

オールインワンの都市づくり・・・、まさに未来都市ですね。

豪雨になったりすると地盤が心配ですが、こういうの凄く憧れます。

投稿: poohpapa | 2012.07.15 08:38

poohpapa さん
おはようございます。

このコモアしおつ、「新宿直通の天空都市」というキャッチフレーズらしいです。
天空都市と聞くと放っておけないので行ってみました。
(マチュピチュ、行くんでしょ)

いま九州の水害をみると、こうした新開発の所はちょっぴり心配になりますね。
コモアブリッジは朝5時から深夜1時まで運転されているらしいですが、もしもこれが止まったら歩行者はお手上げでしょうね。
なお、住民は入居の時にブリッジの施設費として100万円、それ以外に毎月維持費として1万円支払うんだそうです。
タダで乗っちゃって、ごめん。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2012.07.15 09:44

すんません、返信への返信になります^_^;

分譲価格に上乗せされていると思ってましたが、そういうことですか、なるほど。それだと新規に転入してきた人からも100万出資してもらえますもんね。たぶん、引っ越して出て行く際は返らないものでしょうし。入会金なんかと一緒か・・・。

マンションの管理費なんかにも当然にエレベータの維持費が含まれていて、そこで生活している入居者が負担してますが、もちろん外部の人も使えるので、それと同じですね。自分ちに訪ねてくるお客さんや宅配業者の分も入居者が公平に負担している、ということですね。

でも上下の乗降口に募金箱でも設置しておけばいいのに・・・。誰も入れないか・・・。

凄く憧れますが、大きな災害か何かで止まってしまったら住民の方は孤立してしまいますよね、そんなことも他人事ながら心配になります。

やっぱ、平地で暮らそ(^^ゞ

投稿: poohpapa | 2012.07.15 10:24

poohpapa さん

>やっぱ、平地で暮らそ(^^ゞ

そうそう
平地ならエレベーター止まっても平地ゃら。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2012.07.15 11:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/55197768

この記事へのトラックバック一覧です: 天空の町へ続くエレベーター:

« 好況JALが株式再上場だと? | トップページ | 「困難」だった、那智の滝クライミング »