« 日原・稲村岩に獅子の顔を見た | トップページ | 日本の国連分担金、減額でも中国の倍だって »

変わったドアノブ

鉱業というのはとかく栄枯盛衰が激しいもの。

Nippara_house_03
こうしてうらびれて、廃墟となりつつある所がいくつもある。

Nippara_house_01
これは今もう使われていないある鉱山会社の寮。
下には専用の消火栓も見えるし、建設当時はハイカラなマンションだったんだろう。
でも、住み手を失った住居はさびれるばかり。

うん?なんか、ドアノブが変じゃない。(赤印)

Nippara_house_02
ほら、ドアノブがシャベルになっている。
これっていったい、廻しやすいのか、廻しにくいのか ?(゚_。)?(。_゚)?

「もしもし、これって使いやすいんですかあ?」
そんな……
シャベルが、喋るか。

|

« 日原・稲村岩に獅子の顔を見た | トップページ | 日本の国連分担金、減額でも中国の倍だって »

旅行・地域」カテゴリの記事

遺構」カテゴリの記事

鉱山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/56382465

この記事へのトラックバック一覧です: 変わったドアノブ:

« 日原・稲村岩に獅子の顔を見た | トップページ | 日本の国連分担金、減額でも中国の倍だって »