« ピンクのクラウン | トップページ | 忘れ去られた転轍機 »

おっぱい山(要害山)、登った

前に下から見上げたおっぱい山に登ってみた。

Yougaisan_01
大倉の集落を抜け、山の小さな神社の脇から登っていく。
通称はおっぱい山だけど、正式には『要害山・大倉砦』
ここからすぐ北には甲斐と武蔵の国境があり、戦国時代には戦略的に重要な最前線の砦だったらしい。


Yougaisan_02
初冬でかなり葉は落ちたように思えたが、意外と眺望が効くところがみつからない。
これは径の途中から、なんとか上野原方面を見通したところ。
山の写真鏡渡橋から撮影したのだから、こちらからも橋が見える筈。
かすかに見えた。
(マウスを置くと画像が切り替わります)


Yougaisan_04_2
滑りやすいジグザグの小径を20分ほど登り、やっと頂上直下に。
城砦というだけあって、そこには鮮明な枡形虎口が残されていた。
径が絞り込まれてY字になっているのが見えるだろうか。
(マウスを置くと画像が切り替わります)
上の主郭土塁とセットになって上がって来る敵を狭め、攻撃しやすくしているんだね。
(直接攻め上がろうとする敵にとっては、正面に置かれた石も邪魔になる)


Yougaisan_05
要害山山頂・536m。
これがおっぱい山で最も肝心(?)な、頂上の杉の大木。
そう、下から『乳首』に見えるやつね。
樹の真下には『秋葉大権現』さまが祀られていた。
でも、祠全体が四方を厳重に板でカバーされてしまっている。


Yougaisan_06
隙間から覗いた秋葉さまの祠。
ご本尊は文字が書かれた板なのか?
(マウスを置くと画像が切り替わります)
その手前にはお供えの日本酒やお賽銭箱が見える。
しかしカバーのせいでお賽銭箱まで手が入らない。
なんだ、せっかくいつものように1万円札を入れようとしたのに。
残念だ。

山梨のおっぱいの木こちら

|

« ピンクのクラウン | トップページ | 忘れ去られた転轍機 »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

遺構」カテゴリの記事

コメント

たなぼたさん。

ここは標高が低いので後回しにしているうち行き損ねた山で、ご報告ありがとうございます。

次のどこかの祠では2万円投入して下さいね。
それでお許しいただけると思いますんで。

投稿: せいざん | 2012.12.27 18:32

せいざんさん
ありがとうございます。

僕は登山口の神社脇までクルマで行ってしまいましたが、下(国道)のバス停からだと登山口まで結構歩かされますね。
倍以上になりそうです。

>次のどこかの祠では2万円投入して下さいね。

はい。
新年を迎えるので、次は自分の家の神棚に参拝します。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2012.12.28 05:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/56403124

この記事へのトラックバック一覧です: おっぱい山(要害山)、登った:

« ピンクのクラウン | トップページ | 忘れ去られた転轍機 »