« 可哀想だよ、江ノ島にゃんこ | トップページ | 日原・倉沢廃村と大ヒノキ(後編) »

日原・倉沢廃村と大ヒノキ(前編)

いまはもう廃村となった日原・倉沢部落を訪ねた。
その入口には名物の大きなヒノキがあるそうだ。
奥多摩の日原街道から分かれ、北側の尾根を登っていく。
急なつづら折りで120mほど高度を上げるが、都の管理とあって径はよく整えられている。
尾根の先端にたどり着くと、村の象徴であるみごとな大ヒノキが周囲を睥睨していた。

Kurasawa_hinoki_01
カエデやナラなど落葉樹に囲まれて、何本もの大ヒノキが天に向かって伸びている。
真ん中の太いのが『倉沢の大ヒノキ』で、推定樹齢、実に1000年とか。
ちなみに檜(ひのき)は日本と台湾にしかないが、その台湾には樹齢2000年なんていう長寿のものがあるらしい。
古来、ヒノキは火起こしの際、錐もみの火切り板に使われたことから「火の木」と呼ばれたんだってね。


Kurasawa_hinoki_03
主幹は上部まで一本の幹にはならず、5mほどのところで9本もの巨枝に分岐している。
それでも樹高34メートル、幹周り6.3メートルというこの巨木は、都内に現存する最大級のヒノキ。
1987年(昭和62年)、都の天然記念物に指定された。
新日本名木百選にも選ばれている。

なお、ここからさらに奥へと歩みを進めると、目的の「倉沢廃村」がある筈。
次はいよいよそこを探索だ。

日原・倉沢廃村と大ヒノキ(後編)へ続く。

|

« 可哀想だよ、江ノ島にゃんこ | トップページ | 日原・倉沢廃村と大ヒノキ(後編) »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

遺構」カテゴリの記事

鉱山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/56486975

この記事へのトラックバック一覧です: 日原・倉沢廃村と大ヒノキ(前編):

« 可哀想だよ、江ノ島にゃんこ | トップページ | 日原・倉沢廃村と大ヒノキ(後編) »