« 「雪だねえ」 by 幸助&福助 | トップページ | オヤジがトム・クルーズだったら »

喜多方・三津谷の紅いレンガ蔵

Kura
喜多方といえば、「蔵とラーメンの町」がキャッチフレーズ。
ならば、とそれとおぼしきラーメン屋さんに突入。
なるほど店の中には、著名女子アナの色紙なんかが飾ってあった。
味は……。

目的は蔵のほう。
しかし、観光写真によくある白壁の蔵じゃない。
ほら

Mitsuya_01

Mitsuya_02

Mitsuya_03
ここは喜多方の中心から北に6キロほど来た三津谷という集落。
わずか5軒しかない小さな集落だ。
しかしここはまるで日本ではないような異国情緒漂うレンガ造りの蔵が建ち並ぶ。

明治末期、周辺では磐越西線が建設されたが、そのトンネルや鉄橋の橋脚部分に大量のレンガが必要なことから地元にレンガ工場が造られたのだそうだ。
蔵は国が招いたドイツ人鉱山技師が設計し、日本人の職人らが集落に作られた登り窯で地元の赤土を使って焼いたレンガで建てられたものという。


Mitsuya_04

Mitsuya_05

Mitsuya_06
レンガ蔵はアーチ型のデザインで組まれた窓や入口などが特徴的。
全体の積み方は典型的なイギリス積みだね。
蔵自体の骨組みは通常の木造建築で作られていて、その周りに益子焼の釉薬をかけた赤褐色のレンガが並べられている。
外観はお洒落だが、これらの蔵はわら加工、脱穀、精米、穀物貯蔵、家畜の食料(干し草)貯蔵などに使われていたというから勿体ない?
なんでも市内のような漆喰の蔵を作るより工期が短く費用も掛からないことから、地元で手に入るレンガが使われたんだそうだ。

蔵は2007年(平成19年)、経済産業省認定の産業遺産に指定された。

あなたも喜多かった?
じゃ、また行って蔵~☆

|

« 「雪だねえ」 by 幸助&福助 | トップページ | オヤジがトム・クルーズだったら »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

肝心のラーメンの味はどうだったんでしょう、もの凄く気になります。たなぼたさんの書き方だと「イマイチ」ってことだったのでしょうか??

まあね、こんなこと言ってはナンですが、有名人の色紙が飾って有る店で美味しかった例がないので・・・。オアフ島の(とくダネ!の)〇倉さんが経営するラーメン店、それはもう壁全面に付き合いの有る芸人の色紙が飾られてましたけど、味のほうは笑っちゃうくらいだったし・・・(*^^)v

投稿: poohpapa | 2013.01.16 07:37

poohpapa さん
おはようございます。

なんだ
関心は蔵じゃなくて、ラーメンのほうですか。(~_~;;

先にお店の名誉のために言っておきますが、僕が入ったのはこの写真のお店ではありません。
通りがかりに見つけた、もっと小さなお店で、中に貼ってあったのはT原慶子さん(Fテレビ)の色紙でした。
「とてもおいしかったです」と書いてありましたが、僕にはムニャムニャ……
ま、ラーメンは人によって好みがありますからね。
もっとも僕だって色紙頼まれたら、「おいしかった」って書くけどね~☆

ただ頼まれないだけ。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2013.01.16 07:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/56552265

この記事へのトラックバック一覧です: 喜多方・三津谷の紅いレンガ蔵:

« 「雪だねえ」 by 幸助&福助 | トップページ | オヤジがトム・クルーズだったら »