« 汚ったない駅 | トップページ | 木更津のタコツリ(後編) »

木更津のタコツリ(前編)

ここは木更津市の金田地区という古くからの漁師町。

Michikiri_01
町並みにもそんな歴史の重みが感じられる。
と、見上げると通りを跨ぐように何かがぶら下がっている。


Michikiri_02
ほら、ここにも。
いずれも竹を2本立て、縄を渡した形になっている。
(電柱を借りたものも)


Michikiri_03
ここにもあった。
後に見えているのは東京湾アクアライン金田インターの施設(アンテナ塔?)だ。


Michikiri_04
ここは大型車も通るので引っ掛けないためだろうか、道を渡すことなく電柱に縛り付けて縦になっている。

木更津ではこれは『タコツリ』と呼ばれる風習。
(タコツリは「蛸を釣る」のではなく「蛸を吊す」の意味だ。
でも吊されているのはタコばかりでなく藁で作った人形やイカ、それにサイコロまでもある。
次はその詳細を見てみよう。

後編に続く。

|

« 汚ったない駅 | トップページ | 木更津のタコツリ(後編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/56685547

この記事へのトラックバック一覧です: 木更津のタコツリ(前編):

« 汚ったない駅 | トップページ | 木更津のタコツリ(後編) »