« ドラえもん一家がいる神社 | トップページ | キティちゃんがいる禅寺 »

「オットのみち」を知ってますか?

「オットのみち」を知ってますか?

Otto_01
そう、家庭では奥さんに絶対服従。
ただひたすら堪え忍ぶ、それがオットの生きるみち……

違うって
「オットのみち」は「夫の道」ではなく、かつてオット機関車が走った軽便鉄道路線跡のこと。
この細いなだらかな径(みち)になっている所がそう。
(マウスを置くと画像が切り替わります)
ここは静岡・御前崎市。
辺りはすっかり住宅街でもうほとんど線路跡だった面影はないけれど、菊川方向の山道に行けばまだその痕跡を見ることができる。


Otto_03
ほら
県道から離れてヤブを分け入ったこの笹の向こう。
なんか、赤っぽいものが見えてきたね。


Otto_04
これが旧堀之内軌道の遺構・佐栗谷隧道(トンネル)なのだ。
ひらがなで「きけん」と書かれているのは子供向け?
たしかに、子供にとってはこんな人目に付かない秘密基地は超魅力的だものな。


Otto_05
ただ残念ながら、向こう側の出口はすでに閉塞。
そのためこうして内部には水が溜まってしまっている。
こんな狭いトンネルの中を機関車が力強く走っていたことを、いまあなたは想像できるだろうか。


Otto_06
 (「広報きくがわ」より)

これが当時の「オット機関車」。
大きな客車ではなく、その前で懸命に引っ張っている可愛いほうね。
ノミの夫婦かって?

機関車は1921年(大正10年)頃に輸入されたドイツ製。
石油を燃料として走る珍しいもので、日本では最古のディーゼル機関車になるんだそうだ。
しかしやがて時代が昭和へと移るとモノや人の輸送はバスやトラックに取って代わられ、徐々に軌道は運行の数を減らす。
そして1935年(昭和10年)、軽便鉄道はわずか10余年の短い命を全うし廃止とされた。

現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

【鉄道遺構リスト】
・東海道線・石部トンネル跡はこちら
・秘境尾盛駅探訪はこちら
・トヨタの引込線跡はこちら
・中央線遺構・立場川橋はこちら
・中央線遺構・放置車両はこちら
・小海線大曲と駒頭石はこちら
・中央線遺構・日野春駅給水塔はこちら
・中央線遺構・須玉九差路交差点はこちら
・善光寺白馬電鉄跡はこちら
・東京山手急行の遺構はこちら
・晴海線旧橋梁はこちら
・中央線遺構・旧深沢トンネルはこちら
・中央線遺構・旧横吹第2トンネル西口はこちら
・中央線遺構・旧横吹第2トンネル東口はこちら
・中央線遺構・旧笹子トンネルはこちら
・中央線遺構・旧天神山トンネルはこちら
・遠州鉄道奥山線・橋台はこちら
・旧武豊港駅・転車台はこちら
・夢破れた知多半島の未成駅はこちら
・小海線「川俣川鉄橋」はこちら
・谷峨駅の構内踏切はこちら
・未成の国鉄佐久間線はこちら
・三重の中勢鉄道はこちら
・近鉄大阪線の東青山駅はこちら
・中央線遺構・旧笹子川橋台はこちら
・沼津の蛇松線跡はこちら

|

« ドラえもん一家がいる神社 | トップページ | キティちゃんがいる禅寺 »

旅行・地域」カテゴリの記事

遺構」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/57017745

この記事へのトラックバック一覧です: 「オットのみち」を知ってますか?:

« ドラえもん一家がいる神社 | トップページ | キティちゃんがいる禅寺 »