« タイヘンだったね>ホリエモン | トップページ | 町田市にもあるぞ『大正池』 »

何が全治3か月なの>靴に毒物塗った事件

Fukka_suisosan同僚女性の靴の中に職場で手に入れた毒物を塗り、左足に重傷を負わせるというトンでもない事件が報じられている。
その動機が「勝手に片思いして断られた腹いせ」というのだから救われない。

報道によれば女性は全治3か月の怪我というけれど、一部が壊死した左足は指5本すべてが切断され、普通に歩けるまで回復する見込みはないんだって。
一生、元には戻らない…… それなのに何で「全治」なの?

辞書を調べると、「全治」とは文字通り「病気やけ怪我などが完全に治ること」って書いてある。
ところが実際にはそんな使われ方ではなく、現実の医療では「治療を要する期間のこと」なんだって。
紛らわしい。
それなら「全治3か月」なんて言わないで、「治療期間3か月」にすればいいじゃないか。
決して元には戻らないような怪我を負わせた犯人には、懲役なんかではなく同じ目にあわせてやればいい。

|

« タイヘンだったね>ホリエモン | トップページ | 町田市にもあるぞ『大正池』 »

ニュース」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

靴の内側に塗っただけで壊死させられる毒物があるんですね・・・。

交際を断るのも命懸け・・・、怖い世の中ですね。

あ・・・、↓の記事、てっきりホリエモンと務所仲間だったのかと思いましたよ(*^^)v

投稿: poohpapa | 2013.03.29 08:27

poohpapa さん

>てっきりホリエモンと務所仲間だったのかと思いましたよ(*^^)v

そうなんです。
塀の中では彼、なかなかいい男でしたよ。
娑婆に出たら、一緒にメシ喰う約束を……

違うって!!

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2013.03.29 09:10

報道や危険を売り物の番組等でも「命に別条なかった」とよく言ってますね。あれもおかしいと何時も思っています。命は永らえても、寝たきりだったりして・・・。

投稿: せいざん | 2013.03.29 15:19

せいざんさん

そうそう
「幸い、死者は一人も出なかった」なんて番組では言ってますね。
死人さえ出なきゃいいのか、って突っ込みたくなります。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2013.03.29 15:52

おはようございます

たなぼたさんの(せいざんさんへの)返信で思い出しました。

以前は、海外でのテロや大事故のニュースなんかで「日本人犠牲者はいない模様」とか言っていて、「日本人が無事ならいいのか」って批判を浴びたりしてましたね。最近はそういう表現は少なくなったようですが。

でも私はアレは「しょうがない」と思うのですが・・・。例えば誰かがバリ島を旅している時に「大規模なテロが発生した」としたら、日本にいる親族や友人は安否が心配になるもので、絶対多数には関係なくても「日本人が巻き込まれているかどうか」は知らせるべきだと思いますね。

ニュースを発信する側も「日本人が無事ならいい」と思っているワケじゃないでしょうし。捻くれて捉える人が多すぎます。

もちろん、「命に別状ない」だの「「幸い、死者は一人も出なかった」だのは論外、だと思います。

言葉って、難しいですね・・・(しみじみ)

投稿: poohpapa | 2013.03.30 06:38

poohpapa さん
おはようございます。

>言葉って、難しいですね・・・(しみじみ)

まったく。
プログとて、心して書かなければいけませんね。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2013.03.30 07:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/57056700

この記事へのトラックバック一覧です: 何が全治3か月なの>靴に毒物塗った事件:

« タイヘンだったね>ホリエモン | トップページ | 町田市にもあるぞ『大正池』 »