« 半田歴史の生き証人・赤レンガ建物 | トップページ | 監督がルール知らなくっちゃね~ (WBC) »

住宅のすぐ裏に古墳

愛知県東海市。
そこに知多半島で最大規模といわれる横穴式石室を持った「岩屋口古墳」はある。

Iwayaguchi_01
地図を頼りに該当地を訪ねると、そこは住宅街。
半信半疑ながら、案内板を頼りに住宅の裏手を上っていく。


Iwayaguchi_02
すると小高い丘の中腹に、フェンスで囲まれた岩屋口古墳が現れた。
推定、大化の改新前後(約1300年前)のものというから歴史がある。
傍らに東海市が設置した説明版。
その足元には冬の陽差しを浴びて水仙が咲き並んでいた。


Iwayaguchi_03
フェンスの隙間から覗いてみる。
説明によれば、石室は長さ8.4m、幅1.7m、高さ2.1m。
奥壁には高さ1.6mにおよぶ巨石が使われ、側壁や天井にも大きな石で築かれている。
残念ながら、中世の頃すでに盗掘されて主要な副葬品は失われたとか。


Iwayaguchi_04
アップにしてみると、石の大きさがさらに迫ってくる。
石積みだって、インカ遺跡並みとまでは言わないけれど、結構なものではある。
こんなのが住宅のすぐ裏手にあるってすごい。

現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

・千葉の長柄横穴群こちら
・山梨の地蔵塚古墳こちら

|

« 半田歴史の生き証人・赤レンガ建物 | トップページ | 監督がルール知らなくっちゃね~ (WBC) »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/56887188

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅のすぐ裏に古墳:

« 半田歴史の生き証人・赤レンガ建物 | トップページ | 監督がルール知らなくっちゃね~ (WBC) »