« 仰天! 横倒しの家 | トップページ | ウチワサボテン群生地(神栖市) »

水に浮かぶ厳島神社(鉾田市)

厳島神社といえば、安芸の宮島。
1400年の歴史を持つ、世界文化遺産として有名だ。
その厳島神社から1078年(承暦2年)に分霊されたと伝えられる神社が、ここ茨城県鉾田市にある。

Itsukushima_01
国道51号線の西側、普通は高台にあることが多い神社だが、ここでは一段低くなった窪地へと降りて行く。
周囲を木々に囲まれて鎮座する神社で、「市杵島姫命」(いちきしまひめのみこと)がご祭神。
地元では「子生の弁天様」(こなじのべんてんさま)の名で通っていて、安産の神様としても親しまれているそうだ。


Itsukushima_02
本家の厳島神社(広島)ほどではないが、ここでも池に浮かぶように神殿が建っている。
池には大きな緋鯉が悠然と泳ぎ、そのせいか傍らには「鯉の慰霊碑」が建てられていた。
「鯉の慰霊碑」より「恋の慰霊碑」が欲しいって?
それは…… ご愁傷様であります。


Itsukushima_03
神殿内部は普段公開されてないので、塀の隙間からカメラを入れてみる。
両側の向拝柱にはみごとな龍の彫刻が彫られている。
なんでも1697年の棟札があるとかで、そうであれば元禄年間の作ということになる。
一本の柱をくり抜いた珍しい手法によるものということで、1968年(昭和43年)茨城県の文化財に指定された。


現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

|

« 仰天! 横倒しの家 | トップページ | ウチワサボテン群生地(神栖市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/57168450

この記事へのトラックバック一覧です: 水に浮かぶ厳島神社(鉾田市):

« 仰天! 横倒しの家 | トップページ | ウチワサボテン群生地(神栖市) »