« 身延町・山肌の廃村(御弟子) | トップページ | 伝説の廃村「峰集落」(奥多摩) »

丹波の廃村「高畑集落」

丹波山村は人口わずか628人、山梨の奥深い山あいの村だ。

Takahata_01
奥多摩湖のさき親川下部落から、丹波天平を目指し急な山道を延々登っていく。
天平(でんでえろ)尾根は、名前通りの広く平たい尾根だ。


Takahata_02
その途中、下の部落から九十九折りを30分ほども登った頃、目の前に突然石垣と古い家屋が現れた。
これが高畑集落だ。
定かな記録は見当たらなかったが、どうやら今から10年ほど前、最後の住民が里に降りて高畑は廃村になったらしい。


Takahata_03
今も残る家は至るところ雨戸は破れ、障子もボロボロで風の遊び径になっている。
多くの生活用具は新天地に下ろしたのだろう、室内に目立った家財等は見当たらない。


Takahata_04
家の外にはここにも放置された洗濯機。
なかなかの年代ものだが、こんな山奥まで電気がちゃんと通っていたことを伝えている。
購入した時にはもちろん意気揚々と運び上げたのだろうけれど、家から離れる時には見放されちゃったんだね。
可哀想に…… お疲れ様でした。

・君津市の追原廃村こちら
・設楽町の宇連分校こちら
・奥多摩町の倉沢廃村こちら
・身延町の御弟子廃村こちら
・奥多摩町の峰廃村こちら
・甲州市の焼山廃村こちら
・千曲市の末地廃村こちら
・山梨の登尾廃村こちら
現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

|

« 身延町・山肌の廃村(御弟子) | トップページ | 伝説の廃村「峰集落」(奥多摩) »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

遺構」カテゴリの記事

コメント

たなぼたさん。何時も廃村などの探訪記事ありがとうございます。鳥の鳴き声等を聞くと、ことさら廃墟の寂しさが迫る感じです。

ここは、山道でかなり急登の所ではないですか。
私は1979年飛竜山から天平~保野瀬尾根を経て、ここから親川集落に下ったことがあります。

地図上後山(廃村)となっていましたが、いくつも集落があったのでしょう。私の記録では、3軒の廃屋、5軒の家を通過とあり、急いでいたので朧な記憶でしかありませんが、こんな高い所にと驚いたのを覚えています。

奥多摩その他でも高所で未だにあるところは、自動車が登れる所だけですね。伊東では部屋数の多い別荘でも安くなっていますが、売れないようです。

投稿: せいざん | 2013.05.24 15:22

せいざんさん
ありがとうございます。

そうですね、僕のような軟弱ものにはかなりこたえる急坂の途中にあります。
後山の集落はこれよりさらに上部になるようですが、すでに石垣しか残ってないということなので今回は行きませんでした。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2013.05.24 16:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/57447612

この記事へのトラックバック一覧です: 丹波の廃村「高畑集落」:

« 身延町・山肌の廃村(御弟子) | トップページ | 伝説の廃村「峰集落」(奥多摩) »