« 格付けされる「お好み焼き屋」たち | トップページ | 陸続きになった六角堂(河口湖) »

三日天下の日本一(ローラーすべり台)

丹波山村は山梨ではあるけれど、東京の水源地。
奥多摩の山の中にある、人口わずか628人という小さな山あいの村だ。

Suberidai_01
その丹波山村の自慢といえば、この長さ247m高低差42mを誇るローラーすべり台。
あの『ふるさと創生事業』として平成2年に作られた。
(竹下さんが地方自治体に1億円ずつ配ったやつね)

料金は一人500円。
1回ではなく、繰り返し滑ってもOK。
ただし、また山の上までこの長~い階段を自分の足で上らなくてはならないけどね。


Suberidai_02
堂々「日本一のローラーすべり台」と書いてあるが、実はこれ正確ではない。
「日本一だった……」が正しい。

確かに完成した当時は日本一の規模だったが、わずか3日後に日本平動物園のローラースライダーに抜かれてしまったのだという。
まるで明智光秀のような三日天下だね。

ちなみにローラーすべり台として現在は日本で4番目らしい。
1位 日本平動物園(静岡:390m)
2位 赤城ふれあいの森(群馬:380m)
3位 笹ヶ丘公園(兵庫:351m)
4位 丹波山村(山梨:247m)

それから23年も経っているというのにいまだに日本一の看板を下ろさないというんだから根性ある。
せっかくこの小さな村が日本一の称号を得たんだもの、未練あるよね>丹波山村

・日本一だったこちら

|

« 格付けされる「お好み焼き屋」たち | トップページ | 陸続きになった六角堂(河口湖) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/57397241

この記事へのトラックバック一覧です: 三日天下の日本一(ローラーすべり台):

« 格付けされる「お好み焼き屋」たち | トップページ | 陸続きになった六角堂(河口湖) »