« 「環境観音」って何? | トップページ | これぞ、「狛犬」 (いすみ市玉崎神社) »

子をなくした哀しみの龍(旭市:玉崎神社)

千葉県旭市にみごとな龍の彫り物がある。

Tamazaki_01
ここがその龍が棲む「玉崎神社」
日本武尊(ヤマトタケル)を祀る郷社だそうだ。
(マウスを置くと画像が切り替わります)


Tamazaki_03
怖そうに睨みをきかす狛犬の向こうに本殿が見える。
一間社流造(いっけんしゃながれづくり)という造りだそうだ。
そこに目的の龍がいるんだね。


Tamazaki_02
見よ、このみごとな彫り物。
正面中央に大きな龍、そしてその柱の両隅にもそれぞれ龍が彫り込まれている。
あれ、中央は「子引竜」だというのに良く見ると、子供の龍がいない?


Ryu1

Ryu2
上がこの玉崎神社の龍。
下はほぼ同じ絵柄である安産大神(香取市)の龍だ。
比べると、玉崎神社のほうは左手の子供の龍の顔がないよね。
(マウスを置いた赤丸の部分)

実は昭和になってから、境内で野球をしていたその球が子竜の頭に当たり、落下してしまったんだそうだ。
落ちた子竜の頭は神社に保存してあるそうだけれど、木工ボンドという訳にはいかないんだろな。

現場で撮影したよくわかる動画はこちら

|

« 「環境観音」って何? | トップページ | これぞ、「狛犬」 (いすみ市玉崎神社) »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

これ、子供のしたことなら損害賠償請求ともいかなかったでしょうね。普通なら、そんな罰当たりなガキは碌な人生を・・・と思いそうですが、現実はきっと勝ち組になって幸せな一生を送ってたりしてるでしょうね。世の中、そんなものですもんね。

それにしても、狙ってやったことではないにしても見事に子供の龍だけ落ちたものですね、いいバットコントロールしてるかも(すみません)

投稿: poohpapa | 2013.06.14 05:38

poohpapa さん
おはようございます。

さすがであります。
そうなんです、この話には後日談がありまして……

子供の龍を落としてしまったのは実はこの寺の住職のせがれ。
しかもその後大成して、甲子園でヒーローになった歴史的ピッチャーなんです。
スゴイですね。

なんて……
今度、こういう小説書こうっと。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2013.06.14 06:54

玉崎神社、子引き龍と木鼻阿飛龍修復いたしました。
どうぞご覧下さい。
寺社の区別わかります?
神社→本殿→宮司
寺→本堂→住職

色々語る前に勉強しましょう。

投稿: 志ん一 | 2015.07.18 23:55

志ん一 さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

ほんとだ。
コメント部分ではお寺になっていましたね。
失礼しました。

これ、修復されたんですか。すごい。
今度、見に行きたいと思います。
情報をありがとうございました。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2015.07.19 04:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/57588252

この記事へのトラックバック一覧です: 子をなくした哀しみの龍(旭市:玉崎神社):

« 「環境観音」って何? | トップページ | これぞ、「狛犬」 (いすみ市玉崎神社) »