« 海へこげ 伊豆のブランコ | トップページ | ニャンコが番します>畳石 »

踊り子の通った径 「天城トンネル」

国道414号線、「下田街道」を北上。

Amagi_tunnel_01
途中に「旧天城トンネル」分岐の看板があったので、回り道をして寄ってみた。
下田街道の旧道・通称「踊り子街道」になる。


Amagi_tunnel_02
これが旧・天城トンネル。
全長約445m。幅が4.1 m。
すべて地元伊豆の切石で構成されている。
石造道路トンネルとしては、日本に現存する最長のものだそうだ。


Amagi_tunnel_03
正式名を「天城山隧道」という。
残念ながら苔むしていて、扁額から文字を読み取ることは難しい。
1904年(明治37年)に完成。
川端康成の小説『伊豆の踊子』や、松本清張の小説『天城越え』の舞台になったところ。


Amagi_tunnel_04
なんと現役で供用中だった。
内部のわずかな照明はもちろん電気だが、当時のものを模した粋なガス灯のデザインになっている。
(マウスを置くと画像が切り替わります)

今もクルマが通れるとは思っていなかったので入口撮影だけのつもりだったが、通れるなら通らせていただく。
クルマなら通過は訳ないが、ここをあの伊豆の踊子たちが通ったと思うとさすがに感慨深い。

1998年(平成10年)、国の登録有形文化財に、そして2001年(平成13年)、国の重要文化財に指定された。

・旧笹子トンネルはこちら
・明治・大正・昭和・平成トンネルはこちら
・熱海の超ヘアピントンネルはこちら

|

« 海へこげ 伊豆のブランコ | トップページ | ニャンコが番します>畳石 »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

「伊豆の踊り子」かあ・・・、原作も読みましたし映画も観ました。懐かしいなあ・・・。

でも、私の世代は、山口百恵ちゃんじゃなくて吉永小百合さんなんですよね。高橋英樹さんと競演してて・・・。

ま、たなぼたさんの世代なら田中絹代さんでしょうけど・・・(*^^)v

投稿: poohpapa | 2013.07.02 07:46

poohpapa さん
おはようございます。

田中絹代さんて…… 誰?
「愛染かつら」に出たとか、水原茂とロマンスがあったとか……
全然知りませんけど。

>山口百恵ちゃんじゃなくて吉永小百合さん

僕の場合は後藤真希ちゃんですもん。
あ、これはテレビか。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2013.07.02 09:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/57708278

この記事へのトラックバック一覧です: 踊り子の通った径 「天城トンネル」:

« 海へこげ 伊豆のブランコ | トップページ | ニャンコが番します>畳石 »