« 土俵のある神社(千曲・佐良志奈) | トップページ | 官鉄時代のアーチ橋(龍洞院架道橋) »

獅子に見えない?獅子ヶ岩(千曲川)

戸倉上山田温泉を紹介する古い絵葉書を見つけた。

Shishigaiwa_old_2
右手に見える橋は千曲川に掛かる大正橋で、今も同じ位置に新しいのが架かっている。
手前の岩は「獅子ヶ岩」というもの。
今から2千万年も前、まだこのあたりが海だったころに泥岩で出来たものなんだそうだ。
調べると土俵のある佐良志奈神社のすぐ前に位置することがわかったので寄ってみた。


Shishigaiwa_01
岩は今でもあったが、日傘のお姉さんはもういなかった。
ザンネンじゃ。
でも、獅子ヶ岩と言われても、なんかいまいちピンと来ない。
どこが獅子?
そもそも絵葉書と比べ、撮影位置がかなり高くないか


Shishigaiwa_02
その理由は、引いたこの位置からの写真でわかる。
なんと、道路が架け替えられていた。
大正橋の架け替えに伴い、道路が以前より高い位置に変更されたのだ。
昔の県道が岩の近くでぶった切られているのがわかるよね。
脇に見える階段は水門操作のためのもので、カギが掛かっていて下には降りられない。
あ~あ。

・磐田市の獅子ケ鼻岩こちら
・伊豆大川のライオン岩こちら
・奥多摩日原の獅子岩こちら

|

« 土俵のある神社(千曲・佐良志奈) | トップページ | 官鉄時代のアーチ橋(龍洞院架道橋) »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

川面を見つめる日傘のお姉さんは風情があって良いですね。
昔はこんなお姉さんが沢山この街にいたのでしょうね。

確かに道路が高くなっていますね。
川の水位が氾濫して道路が冠水してしまったのでしょうか?

投稿: いはち | 2013.07.29 09:45

いはちさん
おはようございます。

そうですね。
川の水位を警戒して橋を高くしたために道路も変更されたようです。
こういう廃道があると探検したくなるんですが、ここはクルマの通行がひっきりなしで、さすがに怪しい行動は取れませんでした。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2013.07.29 10:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/57884702

この記事へのトラックバック一覧です: 獅子に見えない?獅子ヶ岩(千曲川):

« 土俵のある神社(千曲・佐良志奈) | トップページ | 官鉄時代のアーチ橋(龍洞院架道橋) »