« 北杜市江草の謎のほら穴 | トップページ | 「味噌なめ地蔵」をなめんなよ »

新羅三郎が雨宿りした宿借石

北杜市の諏訪神社を訪ねた。
この辺り、諏訪神社というのは数多くあるが、ここは山梨県韮崎市から長野県上田市に行く国道141号線沿いにある、別名「大石神社」。

Yadokariishi_01
鳥居奥、山門の向こう側にはこの地方らしく、御柱(おんばしら)が左右に立っている。
御柱は7年ごとに立て替え。
本殿は1688年(元禄元年)の建立だそうだ。

Yadokariishi_02
さらに歩を進めると、本堂。
左には舞台もあるのだが、目的のものが見当たらない。


Yadokariishi_03
社後山上に巨石宿借石あり、大石神社とも云ふ
実は新羅三郎義光が雨宿りしたという「宿借石」(やどかりいし)というのを探している。
雨宿りしたくらいだから、かなりの大きさの石の筈なのだが。
背後の山の上のほうになにか岩のようなものが見えるが、そこに至る道がない。


Yadokariishi_04
結局取り付く場所を変え、須玉町の「ふるさと公園」という道から山を登ってみた。
この山は『若神子城』という山城跡になっている。
するとまもなく……
下から見上げた大岩が現れた。
傍らには「宿借石」と彫られた石柱が立っていた。
間違いない。
(マウスを置くと画像が切り替わります)

なるほどちょっとした雨宿りくらいなら出来そうだが、宿を借りるほどではないような。


Yadokariishi_06
しかし不安定そうなこの巨石。
大丈夫なのか、と思って裏に回ってみると……
上部を切られた一本の樹が懸命に支えていた。
なるほどね。
カゴに乗る人、担ぐ人。
 そのまたワラジを作る人

世の中にはやっぱりこういう陰の存在が大事なんだね。

|

« 北杜市江草の謎のほら穴 | トップページ | 「味噌なめ地蔵」をなめんなよ »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/58039138

この記事へのトラックバック一覧です: 新羅三郎が雨宿りした宿借石:

« 北杜市江草の謎のほら穴 | トップページ | 「味噌なめ地蔵」をなめんなよ »