« 危ないよ | トップページ | 昔の名前で出ています »

豪徳寺の招き猫(タマちゃん)

ここは世田谷の豪徳寺。
1480年(文明12年)、世田谷城主・吉良政忠が伯母の菩提のために建てたそうだ。

Goutokuji_01
また「招き猫」で有名なところ。
(マウスを置くと画像が切り替わります)
ただし、正確にはここでは「招福猫児(まねぎねこ)」というらしいが。


Goutokuji_03
広い境内に歩を進めると、あった。
これがネコを祀った社殿だ。
確かに「招き猫」が祀られているのが見える。
(マウスを置くと画像が切り替わります)

なんでも
「鷹狩りの帰り激しい夕立に見舞われた彦根藩主・井伊直孝が困って雨宿り場所を探していると、豪徳寺の和尚さんが飼っていたタマというネコが手招きをしたという。
直孝一行はお寺の門内で雨宿り。
そこへ轟音と共に今いた通りに雷が落ちたのだが、タマのおかげで非難していたため命拾いをした」のだという。
その後、手招きしたタマにちなんで片手を上げた猫の像を造ったところ人気を呼んだのが、招福猫児のルーツとなったと伝えられている。


Goutokuji_05
社殿の隣にはお礼に奉納されたおびただしい数の招き猫たち。
みんな、こんなに幸せになったんか。
良かったね。
よく見れば、微妙にその表情が違うようだ。


Goutokuji_06
ちなみにあの彦根の人気ゆるキャラHikonyan_s「ひこにゃん」は、ここ豪徳寺のネコをモデルにしているとか。
そういえば彦根城主だった井伊直弼のお墓は、ここ豪徳寺にある。
あれ?
「いいなおすけ」でよかったんだっけか。
なんならも一度、言い直すけ?

|

« 危ないよ | トップページ | 昔の名前で出ています »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/58354736

この記事へのトラックバック一覧です: 豪徳寺の招き猫(タマちゃん):

« 危ないよ | トップページ | 昔の名前で出ています »