« 日本のコメは、再び増産に? | トップページ | ソニーはスマートウィグで勝負だって »

JRマンのトレーニングセンター

ここは中央線の笹子駅。
笹子というとトンネルの話題になるけれど、笹子駅にも興味深いものがあった。

Sasago_00
それが笹子駅の隣にあるこれ。
『ササトレ』こと、「JR東日本笹子設備トレーニングセンター」だ。
要するに、ここで様々な作業を修得し、JR保守マンを養成するシステムになっているらしい。

実は笹子駅は単線時代、スイッチバック式の駅になっていた。
それが1966年(昭和41年)に複線化された際スイッチバックは廃止になり、2009年(平成21年)、その旧駅跡にこのトレーニングセンターが作られたんだそうだ。


Sasago_01
ホームが狭いって?
だってこれはトレーニング用のものだもの。
電車が走らないからレールが錆びてしまっているね。


Sasago_02
ブルーシートが掛けられているのは「レールスター」という軌道モーターカーだそうだ。
後のE233系電車は絵だからね。
わかるか。


Sasago_03
こっちの復旧作業車両は本物だけど、トンネルはやはりトレーニング用のダミー。


Sasago_04
保守で一番重要なレールや枕木はさまざまな種類のものが敷設されている。
もちろん切り換えポイントや信号機も。
他にも、作業練習用の電柱とか、いろいろなものがある。


Sasago_05
そしてこれは鉄橋だ。
こういうところの作業や検査も大事だものね。
でも終わったら、撤去~

現場で撮影したよくわかる動画はこちら

|

« 日本のコメは、再び増産に? | トップページ | ソニーはスマートウィグで勝負だって »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

懐かしい笹子駅の近況、ありがとうございます。
この辺の山で、乗り降り数え切れない位利用しましたが、年配の方一人から、やがて無人となり、券も切れ乗って買ったこともありました。

単線時はスイッチバックだったのですか。そんなに急勾配と思えないのですが。

投稿: せいざん | 2013.11.27 21:43

せいざんさん

そういえばそうですね。
中央線はここから笹子トンネルに入るので、なぜここにスイッチバックが必要だったんでしょう。
いまは穏やかな山容ですが、冬は厳しかったんでしょうね。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2013.11.28 07:14

ご無沙汰しています。
ホーム、見てきませんでしたか~...ホームの上にぶら下がっている時計。
あれ、設置したのは私です...本当ですよ~。中央線、小淵沢から相模湖駅までの、時計の設置、放送用のスピーカーの設置しましたね。

動くお家計画、再起動です。

投稿: chiponeko | 2013.11.28 09:30

chiponeko さん

>あれ、設置したのは私です...

ほんとですか。
すごい。「歴史に残る仕事」だったんですね。
残念ながら現役のホームとはちょっと離れているので見られませんでしたが、今度行ったら見てきますね。
サインとか、あります? (=^^=)

動くお家計画、まずはトッポですね。
楽しみにしています。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2013.11.28 10:10

あら。
私は営業係だったので机上と対面での仕事だったのですが
保線区はてっきり丁稚奉公みたいな感じで
先輩が身をもって教えているのだとばかり思っていました。
こんな近代的に施設で勉強できるのですね。
JRになってからだと思うのですが。

投稿: いはち | 2013.11.28 12:56

いはちさん

この笹子のトレーニングセンターは平成21年完成ですからもちろんJRになってからですね。
ちなみに近くでは久里浜にもあるそうです。
トレインを学ぶトレーニングセンター。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2013.11.28 13:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/58647907

この記事へのトラックバック一覧です: JRマンのトレーニングセンター:

« 日本のコメは、再び増産に? | トップページ | ソニーはスマートウィグで勝負だって »