« 持倉鉱山記事にうれしい悲鳴 | トップページ | 大井川発電所・中津川水路橋 »

大井川発電所・長尾川水路橋

大井川流域の大井川発電所から久野脇発電所まで、導水路が通っている。
多くの部分では地中を水圧鉄管で運んでいるが、途中2か所で川を渡ることになる。
そこには当然、水路橋がある。
その一つはよく知られているが、もう一つはネットでも全然見ることができない。

Nagao_suirokyo_01
有名なのが、この長尾川に掛かる水路橋。
川根本町役場からわずか数百メートルという好位置にあるうえ、河原が広く開けているので周辺からも良く見える。
1944年(昭和19年)完成、アーチ型のコンクリート製。
当時の大井川電源開発という会社が建設した。(現在は中部電力の所有)


Nagao_suirokyo_02
折りからの夕陽のせいだけではなく、全体にピンクっぽいカラーリングが施されている。
完成当時はさぞ美しかったことだろう。
とりわけこのトンネルのようなくり抜きがお洒落だ。
アーチの形はここの通路みたい。


Nagao_suirokyo_03
水路橋を潜り抜け、反対側(上流側)から眺めてみた。
ありゃ、こちらはやはり裏なんだね。
何も色彩は施されていなかった。

次はここと違ってネットでも全然写真を見つけることができなかった中津川の水路橋の探索に行ってみよう。
中津川水路橋に続く。

|

« 持倉鉱山記事にうれしい悲鳴 | トップページ | 大井川発電所・中津川水路橋 »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

水路」カテゴリの記事

コメント

戦中の建物ですか。コンクリートは良質の物を
使用しているようですね。
でも、何でピンクなんだろう?

投稿: いはち | 2013.12.08 13:40

いはちさん

そうですね。
物資のない戦時中にしてはこんな彩色までされた建造物って珍しい。
目立って敵の攻撃目標になりそうですが。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2013.12.08 15:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/58711801

この記事へのトラックバック一覧です: 大井川発電所・長尾川水路橋:

» Double/ダブル | 消費者詐欺被害センター [Double/ダブル | 消費者詐欺被害センター]
消費者詐欺被害センターは『お金を騙し取られた』などの悪質な詐欺被害情報を検索、投稿出来る口コミサイトです。『おかしいな?』と思ったらまずは検索を! [続きを読む]

受信: 2013.12.27 00:52

« 持倉鉱山記事にうれしい悲鳴 | トップページ | 大井川発電所・中津川水路橋 »