« おめでとうございます | トップページ | 西方寺の招き猫(巣鴨) »

「美安温閣」のお猫さま

ここは赤坂の一等地。

Mikii_01
1984年(昭和59年)竣工のこの大きなオフィスビルは「美安温閣」。
東京芸大の建築家・北川原温教授が設計したものとか。
え、「みゃおんかく」って……
ほら、ビル名からしてなんかニャンコの鳴き声が聞こえてこないか。


Mikii_02
ビルに近づいてみると、「美喜井稲荷」と書かれた看板が。
「みきいいなり」って、今度はネズミ?
ますます怪しい。


Mikii_03
誰でもお詣りできるよう解放されているので上がってみた。
正面には立派な朱塗りの門がある。
普通は龍かなんかの彫り物なんだろうけれど、そこにはやはりニャンコ。


Mikii_04
左手のニャンコ、いやお猫さまは小鳥を腕に載せてウィンク。
一方、右手のお猫さまは人間を押さえつけて人魂を咥えているような。
きっと何か、人間社会を戒めているんだろう。


Mikii_05
まさに「猫のひたい」ほどの狭い境内にはもう一匹のお猫さま。
赤い前掛けを掛けたこちらの石像は歴史がありそうだ。
ちなみにこうして掛ける赤い布も人間の煩悩だと言われている。

掲げられた「御由緒」は以下の通り。


美喜井稲荷の御守護神は京都の比叡山から御降りになりました霊の高い神様です。
この神様にお願いする方は蛸を召上らぬこと。

この神様を信仰される方は何事も心配ありません。

だそうだ。
またタコかい。
もう耳にタコが出来たぞい。
イヤーね。

現場で撮影したよくわかる動画はこちら

・千曲市の猫神さまこちら
・猫町青梅の招き猫地蔵こちら
・猫町青梅の猫恵比寿こちら
・猫町青梅のにゃにゃまがりこちら
・木更津のこちら
・「暖かいよ~」のこちら
・オヤジがトム・クルーズだったらのこちら
・「雪だねえ」 の幸助&福助こちら
・カラスと戦ったニャンコこちら
・香貫山のニャンコたちはこちら
・御前崎の猫塚たちはこちら
・キティちゃんのいる禅寺こちら
・豪徳寺の招き猫こちら
・軍艦島のニャンコこちら
・猫実町のニャンコこちら

|

« おめでとうございます | トップページ | 西方寺の招き猫(巣鴨) »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

年明けより風邪をひき、やっと復活の三日です。年始の(ブログ)挨拶回りしておりますが、すでに2つも記事をアップしているのはここだけでした。
継続は力なり。この日曜日には10周年ですねぇ。繁盛している老舗ならではのイベントがあったりしますか?え?案内を頂ける?お祝も受付けている?
いやぁ、折角ですがその日はちょっと・・

投稿: | 2014.01.04 01:35

惑さん
今年もよろしくお願いします。

日曜日の10周年、よくご存じで。
お忙しいんですね。
でも大丈夫ですよ。
ネット時代ですから振込予約もできますし、ビットコインだって受け付けてますって。
なお、お祝いに金額の上限は設けてません。
(^.^)v

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2014.01.04 05:14

本年もよろしくお願いいたします。

社殿の上に鎮座ますネコ様は・・
たぶん人の魂を咥えているのでしょうね。
赤い布は人の煩悩ですか・・
随分とインパクトのある由緒正しき御稲荷様なのですね。

投稿: いはち | 2014.01.04 11:24

いはちさん

そんな由緒正しき御稲荷様なのに、近代ビルの一画にましましているというのが不思議な感覚であります。
加えて道を挟んだ向かい側が、これまた由緒正しき「赤坂警察署」なんですもん。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2014.01.04 12:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/58872663

この記事へのトラックバック一覧です: 「美安温閣」のお猫さま:

« おめでとうございます | トップページ | 西方寺の招き猫(巣鴨) »