« 湯ヶ島鉱山(後編)【天空のレール】 | トップページ | 持越鉱山(1)【ジャンダルム】 »

湯ヶ島【金山沢】

山の地図を見ているとよく「金山沢」という地名がみられるが、これはほぼかつて金鉱山があった所と思って間違いないらしい。

Kanayamasawa_01
今回、湯ヶ島鉱山から持越鉱山へと向かう途中にも地図でその「金山沢」という地名を見つけたので、寄り道してみた。
なにしろ二つの有名鉱山の間にあるのだから、ここもかつての金山関連の地名の可能性は高い。
だいたい、このさき人家もない所なのに、こんなコンクリートで舗装された傾斜道のあるのが怪しいではないか。
さっそく探ってみよう。


Kanayamasawa_02
それを裏付けるように、傍らに目を配ると落ち葉の間から鉄製のレールが顔を出しているのが見えた。
鉄道などないこんな所にレール?これはやはり鉱山由来のものに違いあるまい。


Kanayamasawa_03
さらに辺りを探ると、そのトロッコの車輪なのか、鉄製の丸いものも見つかった。
もっとも、油断しているとこんなものもあるのでビビルが。
(マウスを置くと画像が切り替わります)
まだこんな所で朽ち果てたくはない。


Kanayamasawa_05
しかしいくらも行かないうちに傾斜道は途絶えた。
それより先は雑木林で、もう興味深いものはなさそう。
時間もないので今回は……
うん? と思ったら左手の山裾に何やら怪しい穴が。


Kanayamasawa_06
近寄ってみると、それはかつての坑口だった。
これでやっぱりここが鉱山だったことが確定した。
ただ、坑道内部は大きめの石が積み上げられ、蟻の這い入る隙間……
くらいはあった。
もしや、足元に金鉱石の一つでも……
見つかっていれば、こんな記事書いてはいない。

それにしても、こんな金鉱山が名もなく山里に埋もれているのだから伊豆はすごい。
次はいよいよ持越鉱山(1)【ジャンダルム】に続く。

|

« 湯ヶ島鉱山(後編)【天空のレール】 | トップページ | 持越鉱山(1)【ジャンダルム】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

遺構」カテゴリの記事

鉱山」カテゴリの記事

コメント

いや。蟻さんは入れるかもしれません。(爆)
でも、入る用事は無いかもしれませんが。
頭蓋骨は大きな鳥のものでしょうか?

投稿: いはち | 2014.03.08 12:32

いはちさん

>頭蓋骨は大きな鳥のものでしょうか?

いや
相当な大きさなので、鳥ではなさそうな。
たぶんシカかイノシシあたりだと思うんですが。

>蟻さんは入れるかもしれません。(爆)

はい、確かに蟻さんは来ていましたね。
なんか、蟻来たりの話ですみません。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2014.03.08 15:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/59236287

この記事へのトラックバック一覧です: 湯ヶ島【金山沢】:

« 湯ヶ島鉱山(後編)【天空のレール】 | トップページ | 持越鉱山(1)【ジャンダルム】 »