« 山かげに眠る「宇都野火薬庫跡」 | トップページ | 登尾廃村(山梨県) »

「鳩フル」なおはなし

鎌倉市にある海水浴場の命名権を買い取ったのが「鳩サブレー」で知られる豊島屋という会社。
で、新しい名前の案を市民から募ったところ、結局「昔からの名前がいい」という意見が一番多かったということで名前を変えないことにしたんだってさ。

該当の海水浴場はいずれも鎌倉市の由比ガ浜と材木座、腰越の3か所。
命名権料は年間1,200万円。
今後9年間もというからトータルで1億2千万円という巨額だ。
普通は会社や商品の名前を付けるから広告効果があるんだけどね。
名前を変えなきゃ、1億2千万は無駄金じゃん。

Hato_sable社長曰く、「お金は浜辺の清掃料を寄付したと思えばいい」だって。

うーむ、「鳩サブレー」だけに、これは「鳩フル」なお話し?
心温まるね。
なんか、ポッポしてきただろ。

|

« 山かげに眠る「宇都野火薬庫跡」 | トップページ | 登尾廃村(山梨県) »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

同じ鳩でもこっちの鳩のほうは清々しいお話ですね。

ま、誰のことかは言いませんけど(^◇^)

投稿: poohpapa | 2014.05.16 17:50

poohpapa さん
こんにちは。

>同じ鳩でも……

そういうことなのか。
気づいてハットしましたよ。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2014.05.16 18:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/59651356

この記事へのトラックバック一覧です: 「鳩フル」なおはなし:

« 山かげに眠る「宇都野火薬庫跡」 | トップページ | 登尾廃村(山梨県) »