« 空からビー玉が降ってきちゃあね | トップページ | 「紙面サッカー」のアジアチーム »

「次世代の党」より「狂った果実」

日本維新の会から分党し、新党を結成する石原グループの党名が「次世代の党」に決まったそうだ。

Tachigare最初の「立ち枯れ」……じゃなかった「たちあがれ日本」は結構インパクトあったね。
なんでも平沼赳夫さんらが「日本保守党」を提案したところ、石原氏が「ださい」と拒否、自ら「たちあがれ日本」を命名したんだそうだ。
さすが、言葉が命の芥川賞作家。(訂正しました)

それに比べると次の「太陽の党」は、「太陽の季節」から取ったのか、案外つまらなかったな。
で、今回は「次世代の党」だって。
僕なら新党「狂った果実」がいいと思うけどな。
「次世代」と言うからには、これはもう石原さんや平沼さんなどの長老は表に出ないということなんだろう。
老兵は消え去るのみか。

しかし党名というのも難しい。
新党ブームとかでやたら名前を使ってしまうものだから、いいのがどんどんなくなる。
そのうち全部使い切ってしまうんじゃないの。
トウトウ終わりですなんて。

|

« 空からビー玉が降ってきちゃあね | トップページ | 「紙面サッカー」のアジアチーム »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/59883167

この記事へのトラックバック一覧です: 「次世代の党」より「狂った果実」:

« 空からビー玉が降ってきちゃあね | トップページ | 「紙面サッカー」のアジアチーム »