« オレたち『道路族』 | トップページ | 偉大じゃ、都会の大蛇 »

中国人もビックリ、北海道旅行の米国iPhone

Kokumotsu昨年10月のこと。
米国オクラホマ州で農業を営むケビン・ホイットニーさんが、出荷を待つ大量の穀物の中に自分のiPhoneを落としてしまったそうだ。
なんせ、128トンという大量の穀物の中。
「もう二度と出て来ない」と諦めたという。

ところがそれがなんと今年5月、ホイットニーさんの元に無事戻ったというニュースが報じられた。
iPhoneは穀物とともにルイジアナ州の集積所に運ばれ、船で茨城県の鹿島港へ。
さらに北海道の製粉所まで運ばれ、そこで見つかったそうだ。
iPhone本体はともかく、家族の大切な写真がたくさん入っていたのでホイットニーさんとても感謝しているとか。

でも、日本人ならこれくらいのニュース、特に驚かないよね。
日本なら、ケータイ落としてもたいてい落とし主の元に戻る。
驚いているのはこのニュースを知った中国のネットユーザーだった。

「日本人の素養は怖ろしい」
「日本では物をなくす方が難しい」
「運ばれた先が中国ではなくて良かった」
「中国なら、十中八九自分のものにしただろう」
だって。

ちょっぴり照れくさいけれど、中国でも早くこうなるといいね。
それまでiPhoneで愛保温して。

|

« オレたち『道路族』 | トップページ | 偉大じゃ、都会の大蛇 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/59982551

この記事へのトラックバック一覧です: 中国人もビックリ、北海道旅行の米国iPhone:

« オレたち『道路族』 | トップページ | 偉大じゃ、都会の大蛇 »