« 鹿の骨 | トップページ | 160歳の大往生 »

伊豆下田に残る「震洋」基地

伊豆半島の南・下田の近くに手石の港はある。

Teishi_01
この辺りは海蝕洞窟が多い所だが、港の岸壁を越えると人工的に掘られた穴がいくつも目に入ってくる。
実はこれ、いずれも太平洋戦争当時に掘られた「震洋」の格納庫。

震洋は海軍が開発・使用した特殊武器で、ベニヤ板製の小型モーターボートに炸薬を搭載、搭乗員が操縦して上陸船団に体当たり攻撃するという哀しき特攻兵器だ。


Teishi_02
そのため床部分は平らに整地されている。
また床面には係留のための鉄製金具Anchorも残されている。
ここ手石には「第51震洋隊」が置かれたという。


Teishi_03
陽差しが奥まで入らないので見にくいが、壁には掘削した作業員の名前だろうか、「菅原邦夫」、「岩本博」などの人名が読み取れた。


Teishi_04
さらに歩を進め、岬の突端を廻ると隣にはプライベートビーチのような白い砂浜。
しかしこの奥にも「震洋」の基地は掘られていた。
満潮になるとこの浜には船でしか行けないので、ちゃんと干潮の時間を確認して探索しているのだ。


Teishi_05
こちらの穴は崩れやすかったのだろう、入口の内側部分がコンクリートで巻立てられ補強されていた。
そして中には廃車ならぬ小型の廃ボートが一艘。
まるで侵入者を阻むように打ち棄てられていた。


Teishi_06
ボートの舳先の先を見ると壁に「飛練 四十期 轟沈 昭和二十年五月」と彫り込まれた文字。
「飛練」とは「海軍飛行予科練習生」のこと。
昭和二十年といえば終戦の年だ。
残念ながらこの地で「震洋」による「轟沈」と言えるような成果は記録されていないから、これは若き練習生たちが果たしたいと願っていた希望の言葉だったんだろう。

・州ノ崎の試射場跡はこちら
・丹沢に墜落した戦闘機のエンジンはこちら
・三芳村の桜花カタパルト跡はこちら
・披露山の砲台跡はこちら
・三浦半島・諸磯崎洞窟陣地はこちら

|

« 鹿の骨 | トップページ | 160歳の大往生 »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

遺構」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
突然のご連絡失礼致します。

私、実業之日本社の大竹と申します。
この度、「静岡県の地理・地名」に関する本を制作することになりました。
そこで、御ブログに掲載されているお写真をお借りしたいと思いまして、ご連絡さし上げました。
お借りしたい画像は以下の記事のものです。
日付:2013年3月25日
画像:キティちゃん寺(東光禅寺)外観

下記に連絡先を記載しておきますので、お返事をいただければと思います。
なお、大変急なお願いで誠に恐縮なのですが、7月30日(水)までにお返事をお願いします。

何卒、よろしくお願いします。

*******************
大竹朝美
*******************

投稿: 大竹 | 2014.07.29 18:16

大竹さま
ご連絡ありがとうございます。

写真転載の件、OKです。
先日の佐藤さんと同じ本ですよね。
高画質の元画像をメールでお送りします。
なお、また連絡先が書いてあったので、その部分を削除しました。
ご了解ください。

ピーちゃんの身元引受人

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2014.07.30 04:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/60060757

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆下田に残る「震洋」基地:

« 鹿の骨 | トップページ | 160歳の大往生 »