« タクる? それともハイヤる? | トップページ | 円山動物園からのお知らせ »

怖ろしや『セアカゴケグモ』

Seakagokegumo東京・三鷹市で『セアカゴケグモ』が見つかったそうだ。
都内で確認されたのは初めてとのこと。
毒性が強く、「見つけても絶対に触るな」と警告されるほどのワル。

しかしこういうのってなぜ必ず「カナ」で書くんだろう。
ピンと来ないよね。
せっかくの日本語の良さを消してしまっている。
植物でもそうだ。
せいざんさんとこみたいに、漢字表記を合わせて書いてくれればそれで結構意味がわかるのに。

で、この『セアカゴケグモ』の場合、漢字で書くと『背赤後家蜘蛛』だ。
背中が赤いクモだというのはすぐわかるよね。
象徴的なのは『後家』という部分。
交尾のあと、メスがオスを食べて後家になるんだってさ。

ひゃ~
このクモのほんとの恐さが伝わってきたね。
怖ろしや~

|

« タクる? それともハイヤる? | トップページ | 円山動物園からのお知らせ »

ニュース」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

コメント

ブログ紹介下さってありがとうございます。

エッ! なんとなく背赤苔蜘蛛と思っていましたが、そうだったのですか。勉強になりました。 

その生態から「後家」とは又絶妙。命名者は凄い。

投稿: せいざん | 2014.09.26 14:13

せいざんさん
こんにちは。

「後家」蜘蛛とは、ね。
それじゃ、オスを見つけるのは難しいのかな。

しかし男性としてはちょっぴりショックな名前であります。
人間社会もジェンダーフリーが究極までいくとこうなっちゃう?

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2014.09.26 15:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/60376434

この記事へのトラックバック一覧です: 怖ろしや『セアカゴケグモ』:

« タクる? それともハイヤる? | トップページ | 円山動物園からのお知らせ »