« 森山酒造場(奥三河) | トップページ | 下川橋の奇岩(愛知県東栄町) »

タイルの旧長岡郵便局舎(東栄町)

東栄駅の鬼面駅舎からすぐ近く。
別所街道(国道151号線)沿いに興味を引く建物が目に付いた。

Nagaoka_01
古めかしいが威厳が感じられ、どう見ても普通の民家ではない。
何だろう。


Nagaoka_02
表札を取り外した跡がある。
これから推察するに、5文字の建物の筈。
犬を散歩させる人が通りかかったので聞いてみると、郵便局の局舎だったそうな。
5文字は『長岡郵便局』だったんだな。
それも右書きの。


Nagaoka_03
落書きされるなど現在は使われていないようだが、何といってもこのタイル。
ユニークだね、温泉でもなし、タイル貼りの郵便局って初めて見た。

後で調べると、郵便局は1938年(昭和13年)に開局。
2001年(平成13年)まで使われたそうだから、63年間地域に貢献したあと現役を引いたことになる。
ご苦労さま。


Nagaoka_04
こちらが現在の『長岡郵便局』
旧長岡郵便局とは結構離れている。
前の郵便局は駅には近かったけれど、集落からは遠かったので移転したんだろうね。

|

« 森山酒造場(奥三河) | トップページ | 下川橋の奇岩(愛知県東栄町) »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/60772203

この記事へのトラックバック一覧です: タイルの旧長岡郵便局舎(東栄町):

« 森山酒造場(奥三河) | トップページ | 下川橋の奇岩(愛知県東栄町) »