« タイルの旧長岡郵便局舎(東栄町) | トップページ | 東京湾を威嚇する砲台 »

下川橋の奇岩(愛知県東栄町)

奥三河を流れる大千瀬川は変わった岩の多いところ。
それは「名所」でないところにも見掛ける。

Kigan2_01
ここは国道473号線。
森山酒造のある東栄町からあの学童像のある佐久間町に向かっているところになる。
橋は下川橋で、その右手に奇岩が見えている。


Kigan2_02
この角度からだと、特に変わった風には見えない。
しかし下部には水の流れで侵食された水平方向のえぐり。
また上部にいくつか見える穴は、信じにくいがポットホールなんだという。


Kigan2_03
つまり、かつてはここまで水流があったか、もしくは岩が隆起した可能性もあることになる。
すごいね。
この角度から見ると、ちょっと見、ガマガエルに見えない?


Kigan2_04
さらに下流に目をやると、折りからの紅葉に彩られた奇岩がさらに続いていた。
よし、また来ーよう。

現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

|

« タイルの旧長岡郵便局舎(東栄町) | トップページ | 東京湾を威嚇する砲台 »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/60783438

この記事へのトラックバック一覧です: 下川橋の奇岩(愛知県東栄町):

« タイルの旧長岡郵便局舎(東栄町) | トップページ | 東京湾を威嚇する砲台 »