« 東栄駅の「鬼面駅舎」 | トップページ | タイルの旧長岡郵便局舎(東栄町) »

森山酒造場(奥三河)

三河は地酒酒造元の多いところ
その中でも奥三河と呼ばれる所に位置するのがこの森山酒造(東栄町)だ。

Moriyama_syuzo_01
風情ある蔵の横路を進んでいくと、静かに「森山酒造」は現れる。
正面の二階家がそれだ。


Moriyama_syuzo_02
看板には右から「森山酒屋」と書いてある。
正確には「森山酒造場」
江戸時代初期の創業ということで、実に300年の歴史があるそうだ。


Moriyama_syuzo_03
少量を仕込む昔ながらの手造りでで、銘柄はこの「名酒・蜂龍盃」(はちりゅうはい)。
これには「蜂も酔ってしまうほど旨い酒」という意味が込められているんだとか。
あれ、東栄駅ではコーヒーを持っていた鬼ーさん、ここでは酒徳利なのね。


Moriyama_syuzo_04
お店からはさらにいかにも江戸時代という感じがするこの板塀。
そこには酒造りのため山間から引き込んだ涌き水の音が途切れなく続き、そんな時代にタイムスリップしたような気持ちになって心が洗われる。

現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

|

« 東栄駅の「鬼面駅舎」 | トップページ | タイルの旧長岡郵便局舎(東栄町) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/60762729

この記事へのトラックバック一覧です: 森山酒造場(奥三河):

« 東栄駅の「鬼面駅舎」 | トップページ | タイルの旧長岡郵便局舎(東栄町) »