« ゾウサンよりキリンさん | トップページ | 道路の真ん中に木 »

森に埋もれた桜花基地(上総中川)

ここはムーミン列車が走るいすみ鉄道の上総中川というところ。

Ouka2_01
そのローカル駅のすぐ近く、中川小学校(右手)の裏にこんな小山がある。
あぜ道を抜け、その山に分け入っていく。


Ouka2_02
すでに道はなく、倒木をかいくぐりながら奥へと進んでいく。


Ouka2_03
すると山肌に大きな穴が穿たれているのが見つかった。
これが今回の目的物件、「旧日本軍・桜花基地」の跡だ。


Ouka2_04
奥行きは暗くて計り知れず。
高さというか穴の直径は5mほどもあるだろうか。
見るからに堅牢に掘られている長大な穴。
床は平坦に整えられている。


Ouka_04
(昔の資料写真)
この中にこんな太平洋戦争当時の高速滑空機『桜花』が格納されていたんだという。
尾部に推進ロケットを装備した儚げな戦闘機だ。


Ouka2_05
当然入口には扉があった筈で、この溝はその名残かも知れない。
でも、気のせいか「鳥居」の形に見えるような……


Ouka2_06
三芳村にあったような発射カタパルトはここにはないが、その代わり面白いものがある。
それはトンネルの手前、羊歯(シダ)に隠されながらも見えるこの丸いもの。


Ouka2_07
これ、格納庫から出した「桜花」を方向転換するためのターンテーブルの跡。
土台となった丸い石組みだけが残っているが、この上に鉄のレールが載っていたんだろう。
そしてこの基地の発射カタパルトはここからかなり離れた、現在小学校の校庭のところ(最初の写真)にあったんだという。

・三芳村の「桜花」基地はこちら
・下田に残る「震洋」基地はこちら

現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

|

« ゾウサンよりキリンさん | トップページ | 道路の真ん中に木 »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

遺構」カテゴリの記事

コメント

上総中川にも桜花の発射基地があったのですね。
三芳にある発射基地からは東京湾へ向けて
放たれるのはわかりますが、こちらはどこに向けて
発射されるのでしょうね。
綺麗に残されているようです。
今度いすみ鉄道に乗りに逝く時に探してみたいです。

投稿: いはち | 2014.12.27 16:44

いはちさん
こんばんは。

はい、三芳村のものと比べると、ずいぶん不便な立地に思えます。
トンネルから(カタパルトの)校庭までは結構距離がありますし。
ま、隠す意味ではいいんでしょうけれど。

行かれるのであれば、ここもヤブが深いので冬場がお薦めであります。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2014.12.27 17:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/60871686

この記事へのトラックバック一覧です: 森に埋もれた桜花基地(上総中川):

« ゾウサンよりキリンさん | トップページ | 道路の真ん中に木 »