« 森に埋もれた桜花基地(上総中川) | トップページ | 太郎とゆかいな仲間たち »

道路の真ん中に木

もしもカーブを曲がったら突然、道路の真ん中に木があったらビックリするよね。

Niwano_01
こんな感じに。
ここは愛知県新城市の庭野というところ。
道路は新城市の市道で樹は樟(ムクノキ)。
だから『庭野のムクノキ』として知られている。


Niwano_02
逆から見るとこんな感じ。
元々は道路脇の民家の脇に生えていたそうだけれど、昭和61年と62年の市道拡幅・舗装工事の時も伐採されずに中央分離帯に残されたそうだ。
やさしい人柄の地域なんだね。


Niwano_03
ムクノキは高さ13m、幹周り3.4m、根周り5.8m。
樹齢350年以上という立派なもので、1960年(昭和35年)新城市指定文化財(天然記念物)に指定されている。
ちなみにムクノキは虫害や腐敗に強いため、古くから丸木舟の材料に使われたりしたそうだ。

しかしムクノキさんもこんな所に立たされて、毎日スリル満点なんだろうな。

|

« 森に埋もれた桜花基地(上総中川) | トップページ | 太郎とゆかいな仲間たち »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/60877680

この記事へのトラックバック一覧です: 道路の真ん中に木:

« 森に埋もれた桜花基地(上総中川) | トップページ | 太郎とゆかいな仲間たち »