« センターライン・オーバーすな | トップページ | 熱海の山の「芸術屋敷」 »

「君不去」のこと

「きみさらず」とは、木更津市の市名の由来とか。
「君不去」と書く。
つまり
日本武尊を救うため、弟橘姫(弟じゃないよ)が自ら海に身を投げて龍神を慰め嵐を収めた
という悲恋伝説が元になっているんだね。
あくまで一説というけれど、実際木更津市内には「きみさらずタワー」なんていうのもあるくらいだ。


Kimisarazu_01
そんな木更津の街を走っていたら、ほんとに「きみさらづ」というバス停を見つけた。
しかしこんな踏切直前にバス停がある筈もない。
怪しいぞ。
よく見ると、バス停や駅名の表示板はみんな店の展示物であることがわかった。


Kimisarazu_02
ギフト&レンタルのお店ということだけど、中を覗くとマニアがヨダレを垂らしそうな旧車がぞろり。


Kimisarazu_03
まさかこれらまでレンタル用じゃないよね。

しかし、なつかしー。
僕はなかなかここを離れることができなかった。
次は~ 「ぼくさらずー♪」だとさ。

・木更津のタコツリはこちら
・木更津の変な花屋さんはこちら
・木更津のフィッシュアイはこちら
・木更津の海に続く電柱はこちら

|

« センターライン・オーバーすな | トップページ | 熱海の山の「芸術屋敷」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ピーちゃんの身元引受人さん 今年もよろしくお願いします。

こ・これは・
久留里線の踏み切りでしょうか?
だとしたら、やはりあの場所ですね。
何度か通過したのですが、なかなか中に入る
勇気がなくて。

日本書紀でしたかね。
確か弟橘姫の袖が流されて着いた所が袖ヶ浦だと
いわれています。

投稿: いはち | 2015.01.10 12:25

いはちさん、こんにちは。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

はい、踏切は久留里線のものです。
さすが。
千葉のことならどこもお見通し。
そう、なんか怪しげなお店で、中に入るには勇気が要りますね。

日本書紀ではなく、古事記かな。
そうですか、袖ケ浦。
袖だけが流れ着いたなんて、哀しい言い伝えでありますね。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2015.01.10 13:20

ピ-チャンさんの木更津、いはちさんの袖ヶ浦の由来、成程です。
私の家の直ぐにある龍神社という小社も、姫の櫛を漁師が見付け祭った謂れがあります。
随分広範囲ですね。

投稿: せいざん | 2015.01.10 13:34

せいざんさん
コメントありがとうございます。

調べてみたら、三浦半島の走水で入水した弟橘姫のものは、笄(こうがい)、櫛、袖など各地に漂着したという伝説があるんですね。
確かに、櫛が流れ着いたというのは稲取の「伊豆の吾妻社」と伊東の「龍神社」という記述がありました。
ご教示、ありがとうございました。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2015.01.10 15:17

再び、失礼します

下の写真の左側の黒い車、子供の頃に乗せてもらった記憶があります。姉が地元では有数の企業の社長の2号さんをしていて、名古屋の姉の家に遊びに行ったり、その社長が(今では考えられないことですが)私の実家にも挨拶に寄っていて、その際に名古屋から半田まで乗せてもらったりしました。

生活苦で、そういうのを黙認せざるを得ない状況でしたね。家族全員が公認していた愛人関係です。私の兄二人も、社長の会社に就職していた時期がありますし。

この車、後部のデザインに特徴があるのでよく覚えています。

その社長には、私も商売の秘訣など、いろんなことを教えてもらいました。高校を卒業して上京し、最初に就職した会社は、その社長の紹介でした。

今となっては懐かしい思い出です。有り難うございました。

投稿: poohpapa | 2015.01.11 06:27

poohpapa さん
おはようございます。

そんな思い出があったんですか。
これはクラウンですよね。
ドアが観音開きで、トランクには「TOYOPET」のエンブレムが見えます。
今の貨幣価値で数千万円した筈ですから、この時代にクラウンに乗れたというのはすごい大金持ちだったんでしょう。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2015.01.11 06:51

たびたび失礼します。

はい、クラウンでした。社長は旧東海銀行の個人での筆頭株主でした。なんでも、知り合ったヤクザの親分から「これからは銀行の時代だから、銀行株を買いなさい」と教えられたんだとか。今のヤクザとはえらい違いで、よく勉強してたんですね。

その社長、「家を建てようと考えるなら、必要な土地の2倍の面積の土地を買って、時期が来たら半分を売って家を建てなさい」とも言ってました。もちろん、土地が右肩上がりで値上がりしていた時代の話ですが。

その社長、姉の家で亡くなりました。それも因縁なんでしょうね。

投稿: poohpapa | 2015.01.11 08:52

poohpapa さん

そうなんですか。
銀行の個人筆頭株主とはすごい。
旧東海銀行というと、今は三菱東京UFJ銀行ですよね。
それならクラウンも、お妾さんも納得がいく。
しかし半田市は企業活動が活発な所でありますね。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2015.01.11 09:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/60950288

この記事へのトラックバック一覧です: 「君不去」のこと:

« センターライン・オーバーすな | トップページ | 熱海の山の「芸術屋敷」 »