« 馬脚現した参考人質疑 | トップページ | 「誠意をみせて」と、言われても »

韮崎のお腰掛け【山神社編】

韮崎のお腰掛け【神明神社編】から続く。

Okoshikake_11
同じ穂坂町の上今井というところにやってきた。
苔むした、長い石段を登ったところに山神社(大山神社)はある。
参道の石灯籠には文化11年と彫られていたから、建立は江戸時代後期らしい。
(マウスを置くと画像が切り替わります)


Okoshikake_12
能舞台まである広い境内のさらに奥へ進むと、この鳥居。
渋い。こんな貫禄ある鳥居、滅多にお目に掛かれない。


Okoshikake_13
二つ目の舞台の裏に回ると、ほらここにも4本の短い柱で作られたお腰掛が。
しかし内部に御神体のようなものはなく、ただ杉の落ち葉で覆われただけ。
ただこちらには石造りの2頭の狛犬がいて神様を守っているようだ。
その狛犬のお顔もすこぶるユニークではある。


Okoshikake_14
舞台の前部には大きな杉の下駄が祀られていた。
その前に添えられた普通の下駄と比べると、その大きさがわかる。
一本歯の高下駄だから、おそらく天狗が履くものなんだろう。
たまゲタ。

現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

|

« 馬脚現した参考人質疑 | トップページ | 「誠意をみせて」と、言われても »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/61701137

この記事へのトラックバック一覧です: 韮崎のお腰掛け【山神社編】:

« 馬脚現した参考人質疑 | トップページ | 「誠意をみせて」と、言われても »