« すわ 事故現場…… | トップページ | 適切なの? 「不適切」という報道 »

はかなく消えた『森喜朗古墳』

最近5回の五輪スタジアムの建設費がこれ。

572億円(2000年:シドニー五輪)
360億円(2004年:アテネ五輪)
525億円(2008年:北京五輪)
583億円(2012年:ロンドン五輪)
440億円(2016年:リオ五輪)
5つすべて合わせても、2,480億円。

Kokuritsu

なのに新国立競技場はたった一つで2,500億円を超えるというんだからすごいよね。
(開閉式の屋根や可動式スタンドの費用とかまだ入ってないのに)
それだけあったら、どれだけ福祉や復興、ましてや借金返済に回せるんだか。

ところが安倍総理の計画白紙撤回を受けて、森元総理は『たった2,520億円、国が出せないのか』だって。
いったいどういう金銭感覚しているんだ、この人は。
でもこの人、かつてこの国の総理だったんだよね。
いくら密室で選ばれたとはいえ、その資質には疑問を感じ得ないぞ。

それにしても計画が見直されてほんとうに良かった。
出来ていたら間違いなく国立は「負の遺産」になっていたことだろう。

その名も『森喜朗古墳』だ。

読み方は「もりよしろう・こふん」じゃなくて、「しんきろう・こふん」だからね。
蜃気楼のごとく、消えちゃった……。

|

« すわ 事故現場…… | トップページ | 適切なの? 「不適切」という報道 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/61906793

この記事へのトラックバック一覧です: はかなく消えた『森喜朗古墳』:

« すわ 事故現場…… | トップページ | 適切なの? 「不適切」という報道 »