« 内への礼、外への礼 | トップページ | 雲海に浮かぶ竹田城 »

マチュピチュの恩返し

ペルーの大使館が発表したところによれば、統治の有名な観光地「マチュピチュ」が福島県の大玉村を友好都市の相手として決めたんだそうだ。

マチュピチュといえば「空中都市」として知られるインカ帝国の世界遺産。
で、もう一方の大玉村って ?(゚_。)?(。_゚)?
恥ずかしながら、初めて聞いたぞ。

なんでも大玉村は智恵子抄で知られる安達太良山のすそ野に広がる人口8千人ほどの小さな村。
大正時代、その大玉村出身の野内与吉さんという人がペルーに移住。
国鉄に勤めてマチュピチュまでの線路を敷設、水力発電設備を作り、ホテルを建て、やがてマチュピチュの村長にもなって村の発展に貢献した功績が今回の提携理由になったそうだ。

世界的な観光地であるマチュピチュだけに、これまで世界各地から友好として提携の申し込みがあったそうだけど、ペルーはこの恩を忘れずに大玉村を選んだんだね。

フジモリ大統領は失脚しちゃったけれど、ペルーと日本との絆はまだ消えない。

|

« 内への礼、外への礼 | トップページ | 雲海に浮かぶ竹田城 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/62221277

この記事へのトラックバック一覧です: マチュピチュの恩返し:

« 内への礼、外への礼 | トップページ | 雲海に浮かぶ竹田城 »