« マチュピチュの恩返し | トップページ | ネギに幸あれ »

雲海に浮かぶ竹田城

 (C)Asago-City
Takedajyo前に書いたマチュピチュは、雲海ができることでも知られる。
そのせいか、「東洋のマチュピチュ」と称される「竹田城」もよく雲海の写真が紹介されているね。
朝焼けに輝く雲海と、そこに浮かぶ緑の松や石垣とのコントラストはなかなか素敵である。
入場がだいぶ規制されたというのは残念だし兵庫県は遠いけれど、一度訪ねてみたいものだ。

ところでこの「雲海」というのは海に浮かぶ雲のことじゃないんだね。
雲が連なり、あたかも海のように見えるのが雲海。
そりゃそうだよね。
でないと、湖に浮かんだら「雲湖」だし、地面の上なら「雲地」だなんて、まるで雲を掴むような話だものな。
ためしに大きな声で発音してみて。
(以上、ウンチク)

兵庫はやっぱり遠い?
うん、近い。

|

« マチュピチュの恩返し | トップページ | ネギに幸あれ »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

「雲湖」でも「雲地」でもいい、ここ、私も是非行ってみたいです。日本でもこんなふうに幻想的な景色の場所があるんですね。

海抜だけでなく、いろんな要素が重なって現れるものでしょうから、この景色が見られるか見られないかは雲次第、じゃなかった運次第ですね。

投稿: poohpapa | 2015.09.07 08:45

poohpapa さん
おはようございます。

僕も正直一度言ってみたいところです。
でも雲海に浮かぶ写真を撮影するには、竹田城ではなくどこか違うところに上らないといけないんでしょうね。
これは下調べが必要じゃ。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2015.09.07 08:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/62234159

この記事へのトラックバック一覧です: 雲海に浮かぶ竹田城:

« マチュピチュの恩返し | トップページ | ネギに幸あれ »