« 仏滅・大安は差別なの | トップページ | 正式タイトルは「静止機体撮る」 »

【廃】一色隧道の今(南伊豆)

伊豆マーガレットラインをさらに進む。
すると現れる『一色隧道』は下田から西伊豆とを結ぶ国道136号の重要なポイント。
1937年(昭和12年)竣功、差田と一色との間にある小山をトンネルで抜けていたものだ。

Isshiki_tunnel_01
それがこの矢印のところに残っている。
国道はその後改良が加えられていま見える位置まで移動。
同時に広く開削が行われたため、もうトンネルも必要ではなくなった。


Isshiki_tunnel_02
冬でも深いヤブに入ってみると、『一色隧道』の大きな扁額がまだ凛々しく現存している。
扁額下部には小さな文字で、「昭和十二年三月竣功」と彫られている。
え 肝心のトンネルがないって。
だって、トンネルはこの下の埋められてしまったもの。
そもそも扁額はトンネル坑門の上部に掲げられるもので、手なんて届かない筈のものだからね。


Isshiki_tunnel_03
そこで今度は反対の坑口を探ってみる。
写真は国道の大きなカーブを越え、後を振り返って撮影したもの。
ここからは見えないが、こちらも矢印の下にトンネルが隠れているのだ。


Isshiki_tunnel_04
同様にヤブの中に分け入ってみると、今度はちゃんとトンネルが現れた。
国道はだいぶ下ったので、こちらは埋められなかったんだね。
3.7mという高さ制限の標識まで、まだ残っている。
もうその役目を終えたのに、標識はそのままにして行くんだね。


Isshiki_tunnel_05
1995年(平成7年)まで現役だったので、まだ内部はきれいなまま。
隙間だらけの簡単なバリケードによる封鎖なので侵入するのは簡単だけれど、どうせこの先でコンクリートにより完全封鎖されているのがわかっているので入らない。
しつこく漆黒続くというしね。

・埋もれた山伏隧道はこちら
・市原の天井抜けトンネルはこちら
・世にも不思議なWトンネルはこちら
・熱海の超ヘアピントンネルはこちら
・伊豆・柏峠の廃トンネルはこちら

|

« 仏滅・大安は差別なの | トップページ | 正式タイトルは「静止機体撮る」 »

トンネル」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

遺構」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/62953074

この記事へのトラックバック一覧です: 【廃】一色隧道の今(南伊豆):

« 仏滅・大安は差別なの | トップページ | 正式タイトルは「静止機体撮る」 »