« おめでとうございます | トップページ | 雲見港のスフィンクス岩(伊豆) »

爪木崎のプレーリードッグ岩(伊豆)

伊豆・下田の爪木崎は冬でも温暖なところ。

Tsumekizaki_01
水仙の花が有名だけれど、冬の今は群生するアロエの赤い花がみごとだ。
でも、アロエも灯台も今回の目的じゃない。


Tsumekizaki_04
一つはこのみごとな柱状節理を観ること。
伊豆半島は『ジオパーク』ということで、いま世界的に注目が集まっているという。


Tsumekizaki_02
そしてもう一つの目的は、降り立った海岸のその先方にある。
なんか、岩浜に立っているのが見えるかな。


Tsumekizaki_03
この立ち姿には見覚えがある筈。
そう
これはまるでプレーリードッグ。
自然の造形というものの、なかなかの出来映えだ。

Prairiedog
プレーリードッグ(Prairie Dog) といっても遊び人の犬という訳ではない。
プレーリーというのは草原地帯という意味。
草原を掘って巣穴を作るからなんだね。
そしてドッグといっても犬の仲間でもない。
なんとネズミの親戚だと言うから驚きだ。

・伊豆大川のライオン岩こちら
・雲見のスフィンクス岩こちら

|

« おめでとうございます | トップページ | 雲見港のスフィンクス岩(伊豆) »

ペット」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

元旦からバタバタしていて新年のご挨拶が遅れてしまいました、すみません。

今年もどうぞ宜しくお願いします。

ところで、このプレーリードッグ岩、世界各地にあるライオン岩、獅子岩なんかより遥かに「それらしい」ですね。これ、本当に波の浸食で出来たものなのかなあ・・・。下手な彫刻家が置いてったんじゃ、と思えるくらいですね。

あ・・・、もしかして、管理人さんが自宅の庭から移したんじゃ・・・ (^◇^)

投稿: poohpapa | 2016.01.03 05:44

poohpapa さん、おめでとうございます。

光の加減ではもっとそれらしくなる筈。
でもこんなデッカイの、家から移したんじゃ運搬費だけで破産してしまいます。
現物はものすごく、大きいんですから。

実はこのあと、まだ伊豆では「スフィンクス岩」、「馬頭岩」なんていうのを続ける予定なんですけど、既出の「ライオン岩」が落第では早くも望み薄であります。
「ライオン岩」は結構自信があったんですけどね。

今年もよろしくお願いいたします。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2016.01.03 06:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/62986336

この記事へのトラックバック一覧です: 爪木崎のプレーリードッグ岩(伊豆):

« おめでとうございます | トップページ | 雲見港のスフィンクス岩(伊豆) »