« 違反はたったの5台です | トップページ | 道端のピノキオ(?) »

肩書きの多い施設

大瀬崎の辺りは伊豆・西北端。
駿河湾に面しているが、ここは海が北向きという伊豆半島では珍しいシチュエーションになる。

Asia_03
そのすぐ手前、県道17号線沿いに、何やら賑やかな一角があった。
まるで廃墟のようだが、まだちゃんとフェンスもあるしポストもあるようだ。


Asia_04
入口脇にはペットボトルがいくつもぶら下げられている。
ロープで吊り下げられた錆びたペール缶の蓋は、ブザー代わりのドラ?


Asia_05
一番きれいなペットボトルには、「亜細亜国際学院・日本文化研修センター」と書いた紙が入っていた。
たいそうな肩書きの割には質素な手書きの、これは表札なのか。
こんな所で「国際学院」だの、「研修」と言われてもねえ。


Asia_01
こちらは手作り感満載の郵便ポスト。
間違いなく自転車の前カゴを流用したものだな。
ここには「アジアインターナショナル」と書かれた木札。
さらにその隣には、斜めに刺さった鉄棒に「朝日のあたる共和国」との札が下がっている。
今度はとうとう独立国になっちゃったのか。


Asia_06
いったい、いくつの名前があるんだ。
と思ったら、ちゃんと名前をまとめた札もあった。ありがとう。
4つもあるのね。素晴らしい。


Asia_02
もっと奥には石にペイントされた「中日友好」の文字。
上にあった「二つの祖国」とは、日本と中国のことだったのか。
結局この「亜細亜国際野外センター」という施設の正体は良くわからなかったけれど、友好は大切にしようね。
じゃ、ゆ-こう。

|

« 違反はたったの5台です | トップページ | 道端のピノキオ(?) »

旅行・地域」カテゴリの記事

遺構」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/63105356

この記事へのトラックバック一覧です: 肩書きの多い施設:

« 違反はたったの5台です | トップページ | 道端のピノキオ(?) »