« 「チンピラ」の後に隠れる「ならず者」 | トップページ | 財)化血研 »

『上げ底酒樽』のはなし

Sakadaru新年にあたり、あちこちの催し物なんかで縁起の良い「鏡割り」が行われているね。
調べたところ、高さ55cm、清酒40本分にあたる「4斗樽」という大きなものはなんと11万8千円もするんだそうだ。
酒代から計算すると樽の代金だけで6万円近く。
一方、中身が10本分(1斗)しかないものもあって、こちらは6万7千円とお安くなっている。

でも樽の大きさはおんなじだから、外からはわからない。
つまり、上げ底になっている訳だ。

「上げ底」というのは箱や桶などの底を上げて作ったもの。
外見からは実際より中身が多く見えるようになっていて、要するに誤魔かしだよね。
そんなものが堂々と売られているんだから面白い。

そんな姑息なことするなら、再使用できるは貸し出せばいいのに……
名前はすでに用意してある。

レン樽 だ。

|

« 「チンピラ」の後に隠れる「ならず者」 | トップページ | 財)化血研 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/63024499

この記事へのトラックバック一覧です: 『上げ底酒樽』のはなし:

« 「チンピラ」の後に隠れる「ならず者」 | トップページ | 財)化血研 »