« 風神さまに感謝の日 | トップページ | 伊豆大賀茂の石丁場跡【前編】 »

大ビャクシンと穴開き柄杓

南伊豆の隠れた名所、「白鳥神社の大ビャクシン」を訪ねた。
三方を山に、そして前方を海にした吉田はまさに「陸の孤島」。
鎌倉みたいなものだろうって?
いやいや、鎌倉なら海沿いに道があるが、ここはそれすらない。
西伊豆を走る136号線から山越えの狭い道が1本だけ。

Yoshida_01
これが吉田の海。
冬場の今はサーファーが数人訪れるだけ。
伊豆にはたくさんある民宿も、ここにはたった1軒だけだ。
「隠れた穴場スポット」というのもよくわかる。
ほとんど隠れてる。


Yoshida_02
海から目的の神社へ向かう道はこんな感じ。
「旧街道の石畳です」と言ったら、きっと信じてもらえるに違いない。


Yoshida_03
そして山裾に佇む「白鳥神社」に着いた。
石段の手前に大ぶりの枝を広げているのが名物の「大ビャクシン」だ。
樹齢、800年。
根回り4.1m、樹高10mという。


Yoshida_04
集落の中でも海岸から一番近い場所に位置するので、これまで何回も津波の侵略に耐え抜いてきたんだろう、存在感がある。
静岡県指定天然記念物に指定されている。


Yoshida_05
神社の奥へと進むと、古びた社。
白鳥神社は1974年(昭和49年)の伊豆半島沖地震で落石の被害を受けたため、地震後、社殿を西側に移築したとされている。
もっと歴史を感じさせるから、建物自体は旧来のものなのかも知れない。


Yoshida_06
目を引くのが扉に吊り下げられた柄杓(ヒシャク)の数々。
いずれも底に穴が開けられていることがわかる。
穴が開いてたんじゃ、柄杓の役目しないよね。

穴の開いた柄杓には、水がスッポリ抜けることから安産の神様とも言われるが、こんな伝説もある。


ある日漁師が海に出ると、海坊主が現れた。
海坊主は恐ろしげな声で「柄杓を貸せ~」と船乗りたちに迫った。
しかしうっかり柄杓を渡してしまったら最後。
その柄杓で海の水を汲み入れられ、船は沈められてしまうのだ。
そのため、船には穴の開いた柄杓を置くようになったそうな。

信じるか信じないかは、あなた次第。

・上沢寺のさかさイチョウこちら
・実相寺の神代桜こちら
・笹子峠の矢立の杉こちら
・追原廃村の大カエデこちら
・牧丘廃校の大トチノキこちら
・倉沢廃村の大ヒノキこちら
・笛吹市の大ケヤキこちら
・根古屋神社の大ケヤキこちら
・比志の大エゾエノキこちら

現場で撮影したよくわかる動画はこちら
                

|

« 風神さまに感謝の日 | トップページ | 伊豆大賀茂の石丁場跡【前編】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

地図を見ても、本当に何もありませんね。
でも、ビャクシン見るだけでも良い所です。
民宿に泊まって、この辺廻りたい!

投稿: せいざん | 2016.02.17 14:12

せいざんさん

はい、ほんと世間の騒擾からは隔絶された静かな別天地であります。
近くの『二十六夜山』という変わった名前の山には歴史があるそうなんですが、まともな登山道もないみたい。
登ってみたいけれど、わずか300mの山で遭難するのは恥ずかしいし。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2016.02.17 15:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/63222382

この記事へのトラックバック一覧です: 大ビャクシンと穴開き柄杓:

« 風神さまに感謝の日 | トップページ | 伊豆大賀茂の石丁場跡【前編】 »