« 怪我には気をつけて | トップページ | 天神洞古墳(沼津市) »

「審判長骨折」でやっと白鵬に注意

Ani_sumo2大相撲の伊勢ヶ浜審判部長(元横綱旭富士)が、横綱白鵬を審判部に呼び、駄目押し行為を厳重注意したそうだ。

この「たなぼた」では以前から指摘していたというのに、とうとう怪我人が出てからやっとだ。
8日目の嘉風戦で勝負がついた後、白鵬はさらに相手を土俵下に突き飛ばし、ぶつかった井筒審判長(元関脇逆鉾)が左太ももを骨折、全治約3か月の重傷だって。
昔鍛えた元力士だってこれだもの、万一普通の観客にぶつかってたらどうなっていたのか。

モンゴル力士の中で白鵬は昔は優等生だったんだけどね。
一向に「一代年寄」がもらえないからなのか、最近はすっかり朝青龍をお手本にしてヒールに徹しているようだ。

そもそも日本の『相撲』は単なるスポーツじゃない。
『相撲道』という、武道の一種なんだぞ。
だから「道」とは書くけれど、クルマや人が通る通路としての「道」と、わが国独特の所作や作法、価値観を内包する流儀である「道」とは同じ「ドウ」でも明確に区別している。
その証拠に国道や県道、歩道、これらに比べ、武道や剣道、茶道などはみんな前半にアクセントを置き、後半は下げて区分けしている訳だ。

こうして永く日本人が大切にしてきたもの、他国にはドウしても譲れない。
ドウだ、わかったか。

(また同じこと書いちまったい)

|

« 怪我には気をつけて | トップページ | 天神洞古墳(沼津市) »

スポーツ」カテゴリの記事

相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/63379681

この記事へのトラックバック一覧です: 「審判長骨折」でやっと白鵬に注意:

« 怪我には気をつけて | トップページ | 天神洞古墳(沼津市) »