« 「審判長骨折」でやっと白鵬に注意 | トップページ | 菜七子の七光り »

天神洞古墳(沼津市)

ここは沼津市。
勇敢なニャンコいる香貫山のふもとに来た。

Tenjin_01
貼り紙で一部隠れているけれど、「天神公園」という。
ここには古墳があるというのでやって来たのだ。


Tenjin_02
ほら。
見るからに古墳であることを訴えているね。
沼津市教育委員会によれば、6世紀末頃に造営されたもので、庶民層の墓ではあるが、その中でも上層部の者の墓、おそらく大家族制社会の中における家父長クラスの者の墓だろうということだ。


Tenjin_03
入口は柵がしてあるのでその隙間から撮影してみた。
石組みの構造はだいたいみな同じ。
天井部には平たい大石が使われている。
古墳からは瑪瑙(メノウ)の勾玉(まがたま)や水晶製切子玉、碧玉製管玉など多くの副葬品が見つかったという。
もう落ちてないだろうな。

・笛吹市の地蔵塚古墳こちら
・長柄町の長柄横穴群こちら
・東海市の岩屋口古墳こちら

|

« 「審判長骨折」でやっと白鵬に注意 | トップページ | 菜七子の七光り »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/63388457

この記事へのトラックバック一覧です: 天神洞古墳(沼津市):

« 「審判長骨折」でやっと白鵬に注意 | トップページ | 菜七子の七光り »